リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップabout

チャペルとは

​​​チャペルとは、学校や病院などの施設に付属する礼拝堂のことです。立教学院には3つのチャペルがあり、池袋(諸聖徒礼拝堂)、新座(聖パウロ礼拝堂)、小学校(諸天使礼拝堂)におかれています。これらは立教学院に連なるすべての人たちのためにあり、日々の礼拝や授業が行われているほか、コンサートなども催されます。
ここでは池袋・新座キャンパスにあるチャペルについてご紹介します。

立教学院諸聖徒礼拝​堂(池袋キャンパス)

池袋にあるチャペルは「立教学院諸聖徒礼拝堂(しょせいとれいはいどう)」と言います。モリス館(本館)や図書館本館と同時期に建てられ、1918年に竣工しました。 建築当初は礼拝堂そのものだけで、西側の控え室、回廊、入口上部のバルコニー(聖歌隊席)はその後増築され現在に至ります。

1996年にはレンガや屋根などの修復工事が行われ、98~99年にかけての免震工事を経て、関東大震災クラスの地震にまで耐えられるようになりました。1999年に東京都歴史的建造物に選定されています。

立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパス)

新座の「立教学院聖パウロ礼拝堂」は、新座中学校・高等学校と大学のちょうど中間にあり、正門から続くシンボルゾーンの顔ともいえる存在です。建築家アントニン・レーモンド氏により設計され1963年に完成しました。

チャペルの左側にはチャペル会館へとつながる回廊があり、上空から見るとチャペルと回廊は五角形になっていて、立教の「立」を表しています。回廊に囲まれた芝生にそびえるベルタワーは高さ31メートル。大中小の鐘が礼拝の時間を知らせます。キャンパス正面から東に延びる公道の「鐘の音通り」という名前は、この鐘の音にちなんで名付けられました。

上​​​​記のチャペルで行われる礼拝はどなたでもご参加・ご見学いただけます。礼拝やコンサートなどの詳細は下記のページにてお知らせしていますので、ご参照のうえどうぞお気軽にお越しください。

閉館時刻のご案内