教員として複数のV-Campus IDを使っていますが、それらはどういう扱いになるのですか?

利用継続申請により、利用継続が可能です。

  1. V-Campus IDは、職種毎に発行されています。そのため、1人で複数の職種に就かれると、複数のV-Campus IDが発行されています。新しい職種に就かれる前のV-Campus IDは退職扱いとなっているため、利用継続申請を行うことで、利用継続が可能です。
  2. 例)専任教員を退職後、兼任講師を務め、名誉教授になられた場合
    • 専任教職員V-Campus ID
    • 兼任講師V-Campus ID
    • 名誉教授V-Campus ID
      このうち、専任教職員と兼任講師のV-Campus IDは退職扱いとなり、利用継続には申請が必要になります。名誉教授は永年現職扱いのため、申請なしで永年利用可となります。



更新日時: 2017/02/20