リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップ2020pc

この春から、立教大学での授業が「オンライン授業」になるということが発表されたこともあり、例年以上に多くの方から「立教大学に入学するあたり、どのようなPCを購入すれば良いですか?」というような質問が寄せられています。また、上級生からのPC購入相談も多く寄せられるようになりました。

ここではそういった疑問を解消していただくため、よくある質問とその回答形式で立教大学における学びに必要なPC購入について、説明いたします。

Q1.学生は自分専用のPCを購入する必要はありますか?

A1. オンライン授業の受講に使えるPCがなければ購入をご検討ください。(これまでは入学後に授業やゼミで必要になったものをご購入くださいと案内していたのですが、オンライン授業本格化の発表以後、PCの購入を推奨することになりました)

説明1. すでにPCをお持ちである、もしくは、ご家庭で自由に使えるPCがある場合は、新しくPCを購入する必要はありませんが、そうでない場合はPCの購入をご検討ください。

  • カメラが搭載されているもの(別売のWebカメラでも結構です)
  • マイクが搭載されているもの(ヘッドセットを併せて購入することがお勧めです)

なお、大学内では、課題や研究を行うためのPC環境として、PC教室の自習室開放いつでも自由にPCが使えるラーニングスペースの設置キャンパス内で使えるノートPCの貸出を行っています。コロナウィルスの感染拡大が収束し、大学に来れるようになれば、これらもご活用ください。

Q2.立教大学指定のPCはありますか?

A2. ありません。

説明2. 大学として必ずこのPCを購入しなければならないというメーカーや機種、スペックは提示していません。ただし、安価であるという理由で、あまりに低スペックのPCを購入すると、十分に活用できない恐れがあります。CPU:Corei5以上、メモリー:8GB以上、ストレージ方式:SSD、を目安に選択することをお勧めします。

(大学内の売店「セントポールプラザ」で「立教大学オリジナルモデルパソコン」が販売されていますが、そのPCの購入は必須ではありません。また、メディアセンターでは「立教大学オリジナルモデルパソコン」を含め、学生個人のPCに対する個別のサポートは行っておりません)

Q3.Macを買ってもよいですか?

A3. かまいませんが、注意が必要です

説明3. 大学内で標準のPCはWindowsですが、Macのお使いの先生や先輩は大勢いらっしゃいます。メディアセンターでは、Macをご利用になれる環境(新座:PC教室、池袋:ラーニングスペース、貸出PC)も用意しています。立教大学が提供しているサービスのほとんどは、WindowsでもMacでも利用することができます。

しかし、Mac用のMicrosoft Officeは、Windows用のMicrosoft Officeとファイルに互換性がありますが、フォントや印刷方式が異なるため、Windows環境と全く同じ状態での表示・編集・印刷ができない場合があります。また、Macに標準で用意されているPagesなどのソフトで作成したファイルはMicrosoft Officeで開けないため、課題としてそのまま提出した場合に先生が開けず、採点してもらえない場合があります。実際には「Macは簡単」ではなく、Macを使う場合はWindowsを使うよりさらに多くの知識が求められる場合があることに注意してください。

なお、立教大学の学生は、Macの購入に対して、通常のアカデミック価格よりさらに割引が適用された価格での購入が可能です。詳細は大学内のPCからこちらのページ(Apple Store Rikkyo(学内閲覧))をご確認ください。大学内のPCがご利用になれない場合は、ご自宅などのPCやスマホを大学にVPN接続してご利用ください。VPN接続の方法については、こちらのページ( VPN 接続手順 )をご確認ください。

Q4.Chromebookを買ってもよいですか?

A4.かまいませんが、注意が必要です。

説明4. Chromebookを用いる際には、大きな2つの注意が必要です。1つは、Chromebookはインターネット接続がないと使えないということです。Chromebookはインターネット接続された環境で使うことが前提となっているため、インターネット接続がない場所では十分に使うことができません。もう1つは、Microsoft Officeが動作しないということです。

Microsoft Officeが動作しないため、Microsoft Officeのファイル形式(WordやPowerPointなど)で書式を細かく指定された課題に取り組むような場合には、別途Microsoft Officeが使えるPCを使って作業する必要があります。

メディアセンターにおけるお問い合わせ対応で、何度か持参してくださったものを目にしたことがありますが、お使いになっている方はまだまだ少ない状況です。

Q5.Microsoft Officeは自費で購入が必要ですか?

A5. いいえ

説明5. 立教大学の学生は、在学期間中は最新版のMicrosoft Officeを無償でダウンロードして、自分のPC、Mac、スマホ・タブレット、にインストールして使えます。こちら(Officeを利用したい(EESライセンスプログラム))を参照し、ご自身でインストールしてお使いください。

Microsoft Officeが付属している状態で販売されているPCがありますが、その場合、付属しているMicrosoft Officeの種類によっては、毎年課金が発生する場合があったり、一部のアプリケーションソフトが含まれていないような場合がありまので、ご注意ください。(一般的には、Microsoft OfficeがインストールされていないPCの方がインストールされているPCより安価です。インストールされていないPCを購入して、ご自身でインストールして使う方法がお勧めです)

Q6.インターネット回線は必要ですか?

A6. はい。必要です。

説明6. 自宅など受講する環境で適切に利用できるインターネット回線の準備をお願いします。固定回線を利用する場合、インターネットサービスプロバイダの契約や回線工事に数週間の時間を要する可能性がありますのでご注意ください。​モバイルWi-Fiやスマートフォンなどモバイル回線によるインターネット通信を利用する場合には、契約プランの容量をご確認ください。期間や容量による速度制限があるプランの場合には、容量が不足する可能性があります。

なお、現在ドコモ、KDDI、ソフトバンク、UQ mobile各社が新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援措置として、学生(25歳以下)以下の利用者を対象に通信量無償プランを提供しています。申し込み方法・対象期間は以下の各社のサイトにてご確認ください。

ドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/200403_00.htm

KDDI
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/04/03/4364.html

ソフトバンク
https://www.softbank.jp/corp/news/info/2020/20200403_01/

UQ mobile
https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202004061.html

これらの各社サービスは学習支援を目的としたものであり、学生の皆さんは支援の趣旨を理解したうえで、その利用はオンライン授業の受講などの学習利用に留めるようにしてください。