リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップcompression

概要

ここでは、パソコン教室のパソコンを使って、「Adobe Acrobat XI Pro」というソフトでPDFファイルを結合や圧縮する方法を紹介しています。

※ここでの「圧縮」とは、PDFファイルのサイズをPDFファイルのまま小さくすることを指しています。「PDFファイルを他の形式(ZIPファイルなど)に変換することによりファイルを小さくする方法ではありません。

元になるファイルの準備

1.結合や圧縮したいPDFファイルを準備する

手書きのエントリーシートの場合

手書きのエントリーシートが手元にある場合は、メディアセンターが提供しているスキャナーを使ってPDFファイルに変換することができます。

  • 池袋キャンパス : 8号館4階 メディアセンター窓口
  • 新座キャンパス : 8号館2階 ラウンジ

スキャナーの操作でお困りの場合は、メディアセンター窓口までお問い合わせください。

Office2016の場合

元のファイルがMicrosoft Office2016のファイル(Word2016や、PowerPoint2016など)の場合は、保存時、左メニューの「エクスポート」から「PDF/XPSドキュメントの作成」を選択することでPDFファイルとして保存することができます。

2.結合や圧縮したいPDFファイルを「ホームディレクトリ」に保存する

結合や圧縮したいPDFファイルを、「ホームディレクトリ」に保存してください。
「ホームディレクトリ」の使い方については、以下URLをご覧ください。
(後の手順で使う仮想デスクトップとのファイルのやりとりに「ホームディレクトリ」を用います)

パソコン教室での作業

本章はパソコン教室におけるWindows10(日本語)の場合の手順です。OSのバージョンや言語が異なる場合は画面が異なりますが、基本操作は同じですので適宜読み替えてください。
(ラーニングスペースのパソコンやMacでの利用はできません)

1.仮想デスクトップを起動する

  1. パソコンのスタートボタンをクリックし、Windowsメニューから「Adobe CS & Acrobat」を起動させます。
  2. 仮想デスクトップが起動します。

2.「Adobe Acrobat XI Pro」を起動する

  1. 仮想デスクトップ内のデスクトップにある「Adobe Acrobat XI Pro」アイコンをダブルクリックして「Adobe Acrobat XI Pro」を起動します。

3.ファイルを単一のPDFに結合

  1. トップ画面の「作業を開始」一覧から、「ファイルをPDFに結合」を選択します。

    ※上部ツールバーの「作成」ボタンをクリックし、プルダウンメニューから「ファイルを単一のPDFに結合」を選択しても同じ動作となります。
  2. あらかじめ「ホームディレクトリ」に保存しておいたファイルを追加します。
    ファイルを追加...」ボタンをクリックしてファイルを選択するか、ドラッグ&ドロップするエリアに対象ファイルをドロップします。
  3. ファイルの順番を並べ替えたいときは、並べ替えたいファイルをドラッグ&ドロップで操作します。

  4. オプション」ボタンをクリックします。
  5. 「オプション」画面の「ファイルサイズ」で「小さいサイズ」(一番左のアイコン)を選択して「OK」ボタンをクリックします。
  6. ファイルを結合画面の「ファイルを結合」ボタンをクリックします。
  7. 結合後のPDFファイルに名前をつけて「ホームディレクトリ」に保存します。
  8. これでPDFファイルの結合は終了です。
    「Adobe Acrobat XI Pro」を終了してください。

4.PDFファイルを圧縮する

手順3で作成したPDFファイルが希望のサイズまで圧縮できていない場合や、もともと1つのPDFファイルを圧縮した場合は、「Adobe Acrobat XI Pro」の機能を用いてPDFファイルを圧縮することができます。

  1. 手順3と同じ操作で「Adobe Acrobat XI Pro」を起動します。
  2. 画面上部ツールバーから「ファイル」をクリックし、プルダウンメニューから「開く」を選択します。
    圧縮したいPDFファイルを選択し開きます。
  3. 上部ツールバーの「ファイル」をクリックし、プルダウンメニューから「その他の形式で保存」を選択します。
    さらに「サイズが縮小されたPDF」を選択します。
  4. 「ファイルサイズを縮小」画面で「互換性を確保」から「Acrobat10.0およびそれ以降」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。