リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

02月 07
新型コロナウイルス関連肺炎について(授業・試験)

新型コロナウイルス感染症が「学校感染症」に指定されたことについて

 中国の武漢市を中心に新型コロナウイルス関連肺炎の感染が拡大しています。これに伴い政府より、新型コロナウイルス感染症を感染症法に基づき「指定感染症」として定めることが発表されました。これにより、新型コロナウイルス感染症は、学校保健安全法に定める「第一種感染症」とみなされ「学校感染症」となります。そのため、本学でも新型コロナウイルス感染症を下記【学校感染症についてのお知らせ】にある「学校感染症第一種」として同等の対応を行います。
 本学における授業や試験(今後の集中講義科目や期間外科目、追試等を含む)の対応については
【学校感染症についてのお知らせ】を確認してください。

 学生の皆さんひとりひとりが風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に咳エチケットや手洗いなどを行い、感染症対策に努めてください。
 また、春休み期間中に海外渡航をする際には外務省海外安全ホームページの「感染症危険情報」も参考に慎重な行動を心がけてください。


【学校感染症についてのお知らせ】
学校染症第1種・2種に罹患した学生への教務上の対応について


【関連リンク】
新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/


新型コロナウイルス感染症の「指定感染症」への指定を受けた学校保健安全法上の対応について(文部科学省ホームページ)

https://www.mext.go.jp/content/000031003.pdf