リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

07月 17
【新入生の方へ】ジェンダーフォーラムのご案内【在学生の方も】

ジェンダーフォーラム事務局は、6号館の1階にあります。新入生の方や、まだ利用したことのない方に向けて、フォーラムの活動をご案内いたします。 ※関連リンクのジェンダーフォーラム紹介映像もあわせてご覧ください(視聴には立教大学のアカウントへのログインが必要です)。


◆開室時間は?

 月曜~金曜の10~16時です。現在は新型コロナウィルス対策のため、月・水・金の10時30分~15時30分に縮小しています。来室を希望される方は必ずメールでご連絡ください


◆何ができるの?

 ジェンダーやセクシュアリティなどに関する図書・資料・DVDのほか、各大学・自治体の紀要雑誌・調査報告書などの閲覧ができます。図書やDVDは1人5冊、4週間まで貸し出し可能です。レポートや調べものがある人は、お気軽にスタッフにご相談ください。


◆どんなことをしてるの?

①イベントの企画・実施

 著名なゲストをお呼びする公開講演会や、最新の研究動向を知ることができる勉強会「ジェンダーセッション」、映画上映会などのイベントを企画・実施しています。ほかにも学生のみなさんが、ジェンダーやセクシュアリティについて自由に語り合える場として、月1回、コーヒーアワーを開催しています。現在、オンラインでのコーヒーアワーの準備中です


②年報・ニューズレターの発行

 研究論文や上記イベントのレポート、またおススメ図書の紹介などを掲載した機関誌を、編集・発行しています。紙面の一部は、ホームページ図書館リポジトリにて、オンラインでも読むことができます


③奨学金の実施

 本学学生のジェンダーやセクシュアリティに関する活動・研究の奨励を目的とした「ロザリー・レナード・ミッチェル奨学金」を実施しています。毎年、4月末に「B:研究・活動助成金」を、10月末に「A:論文賞」を募集しています。詳しくは「A:論文賞」の募集案内をご覧ください。


④全学共通カリキュラムの企画・実施

 毎年、多彩なゲスト・スピーカーをお招きして、ジェンダー・セクシュアリティに関わる現代的なテーマを扱った科目を開講しています。


◆そもそもジェンダーフォーラムとは…?

 「常識」にとらわれず、性差やセクシュアリティ(性自認・性的指向など)についての問題を本音で語り合い、考える場、それがジェンダーフォーラムです。ジェンダー(gender)とは、社会や文化の「常識」にしたがってつくられた性差のこと。「女/男らしさ」「女/男役割」や異性愛を「あたりまえ」とする考え方もそのひとつです。当フォーラムは、ジェンダーに関する身近な違和感をもっている方から学識を深めたい方まで、様々な人に広く開かれています。


ご利用をお待ちしております。