リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

08月 28
「学生復興支援団体のその後を考えるリモート座談会」を開催しました!

8月27日、陸前高田グローバルキャンパス(岩手大学・立教大学が共同運営する交流活動拠点)が主催し、陸前高田市にかかわりのある学生団体7団体15名が参加するオンライン座談会を開催しました。


東日本大震災直後、全国の大学で学生による復興支援団体が立ち上がりました。しかし、東日本大震災から9年以上が経過し、さらに新型コロナウイルス感染症の影響で活動がままならない現在、復興支援団体は岐路を迎えています。そこで、陸前高田グローバルキャンパス春呼び祭等で繋がりのある復興支援団体同士がお互いの現状を共有し、これからの活動を考えるヒントを与えあうことを目的として開催しました。


参加学生からは「陸前高田で活動している団体が、こんなにあるんだ!と嬉しくなった」「これまで築いてきた陸前高田の方々との繋がりをより一層大切にしたいと思った」等との声が寄せられました。


コロナ禍により活動がままならない現在も、陸前高田と繋がり続けたいという気持ちを持ちながら試行錯誤している大学生がたくさんいることが改めて明らかになりました。




【概 要】

日時:2020年8月27日(木)16:00-18:00

参加団体: 7団体、15名

 若興人の家 

 東北大学陸前高田応援サークル ぽかぽか

 名城大学 岩手県陸前高田市図書館再建プロジェクトBook-aid 

 岩手大学三陸復興サポート学生委員会

 岩大E_code (岩手大学陸前高田応援チーム)

 立教大学Three-S

 立教大学 Frontiers  

コメンテーター:

 松山真先生(立教大学コミュニティ福祉学部教授・陸前高田グローバルキャンパス運営機構機構長)

 五味壮平先生(岩手大学人文社会学部教授・陸前高田グローバルキャンパス役員)

主催:陸前高田グローバルキャンパス