サインイン

「代理アクセス」の使い方

他のユーザーが代理でメールを閲覧、送信、削除できるように、SPIRIT Gmail へのアクセス権を他のユーザーに委任することができます。

[連絡先] リンクをクリックすると、代理人は委任者の連絡先にアクセスすることもできます。
メール作成ウィンドウで [To]、[Cc]、[Bcc] などのリンクをクリックしても、連絡先が開きます。

「代理アクセス」を作成する

  1. 右上にある歯車のアイコン をクリックして、[設定] を選択し、[アカウント] タブを選択します。

    メール送信
  2. [アカウントへのアクセスを許可] の [別のアカウントを追加] リンクをクリックします。

    メール送信
  3. アカウントへのアクセスを許可するユーザーのメール アドレスを入力し、[次のステップ] をクリックします。
    注)入力できるのは「 V-CampusID@rikkyo.ac.jp 」アドレスのみです。
    メール送信

  4. 確認のメッセージが表示されます。間違いなければ [メールを送信してアクセスを許可] をクリックします。
    メール送信
  5. アクセスが許可されたことを知らせる確認メールが代理人に届きます。

    メール送信
    • 代理人がこのリクエストを確認すると、最大 30 分で確認手続きが完了します。
      メール送信
      自分のアカウントへのアクセスを代理人が確認したかどうかを確認するには、[設定] で [アカウントとインポート] タブを確認します。

自分のアカウントから代理人が送信したメールの送信者名には、自分の名前と代理人の名前が「委任者(送信: 代理人)」のように表示されます。

他のユーザーから相手のアカウントへのアクセスが許可された場合は、画面右上にあるメール アドレスの横の下向き矢印をクリックすると、相手のアカウントにアクセスできます。

メール送信

[アカウントの切り替え] をクリックし、委任者のメール アドレスを選択します。

アカウントへのアクセス権を取り消す

アカウントへの代理人のアクセス許可を取り消す方法は次のとおりです。

  1. Gmail の右上にある歯車のアイコン をクリックし、[設定] を選択します。
    メール送信
  2. [アカウント] タブを選択し、[アカウントへのアクセスを許可] セクションで、削除するアカウントの [削除] をクリックします。
    メール送信