サインイン

送信者メールアドレスの変更方法

SPIRIT Gmailでは、送信者(自分)のメールアドレスを、所有している別のアドレスに変更してメール送信することができます。ここではその設定をご説明します。

  1. SPIRIT Gmailにログイン後、左上の[ 設定 ]ボタンをクリックし、プルダウンメニューから「設定」を選択してください。
    SPIRIT Mail
  2. [ アカウント ]タブをクリックし、[ 自分のメールアドレスを追加 ]リンクをクリックして下さい。
    [アカウントの設定]タブ
  3. 別にウィンドウが開きますので、送信元としたいメールアドレスを入力して下さい。
    「エイリアスとして扱います」のラジオボタンにチェックを入れ、[ 次のステップ>> ]ボタンを押して下さい。
    送信元としたいメールアドレスを入力
    ●「エイリアスとして扱います」について
    通常、「エイリアスとして扱います」をチェックしてください。

    【参考】Gmail から他のメール アドレスでメール送信する場合の動作を、[エイリアスとして扱います] の設定を使用して管理する
    http://support.google.com/mail/bin/answer.py?hl=ja&answer=1710338&ctx=gmail

    注) [ 次のステップ>> ]ボタンを押した後にエラーが出力される場合
  4. 確認画面が表示されますので、[確認メールの送信]ボタンを押して下さい。
    確認画面
  5. 確認コードの入力画面が表示される場合もありますが、何もせずにこのまま待ちます。
    確認コードの入力画面
  6. 数分待ってから、親ウィンドウの方で「受信トレイ」をクリックし、新着メールを確認して下さい。
    「立教大学からのご確認」というメールが届きますので、クリックして本文を開いて下さい。
    Gmailトップ画面
    注)いつまでたってもメールが来ない場合は、「別のメールアドレスを追加」画面の
    [メールの再送信]をクリックします。
  7. 本文中のリンクをクリックするか、確認コードを「別のメールアドレスを追加画面」に入力すると、追加したメールアドレスが送信元アドレスとして登録されます。
    登録画面
  8. 確認完了画面が表示されます。
    確認完了画面
  9. 再びページ右上の[ 設定 ]リンクをクリックし、[ アカウント ]タブを選択します。
  10. [デフォルトの返信モードを選択]欄の[メールを受信したアドレスから返信する]のラジオボタンにチェックを入れます。
    アカウントの設定
  11. 新規メール作成時及びメールの返信時に、追加したメールアドレスも送信者アドレスとして選択できるようになります。
    送信者アドレスを選択