サインイン

SPSS Ver.24 インストールマニュアル

※インストール作業はWindows、Macともに管理者ユーザで行ってください。
※Mac用のAmosプログラムは提供されておりません。
※Windows用のAmosプログラムはライセンス取得に不具合があるため、Ver.23のSPSS、Amosの利用をお願いいたします。

Windows SPSSのインストール

  1. ディスクドライブ「SPSS Ver.24」を開きます
  2. OSのビット数に対応した、ビット数のインストーラを選択します。
    64bit OS・・・SPSS_Statistics_24_win64.exe
    32bit OS・・・SPSS_Statistics_24_win32.exe
  3. アイコンの上で右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
    ユーザアカウント制御のウィンドが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。
    インストールが開始されます。


  4. 「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  6. Pythonをインストールするかを選択します。
    通常は「はい」で問題ありません。
    次へ」ボタンをクリックします。
  7. 「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  8. 「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  9. インストールするフォルダを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
  10. インストールl」ボタンをクリックします。
  11. インストールが開始されます。しばらく待ちます。
  12. 「IBM SPSS Statistics 24 を今すぐ開始」のチェックボックスにチェックを入れ、「完了」ボタンをクリックします。
    この後、ライセンスの入力操作を行います。
  13. SPSSが起動します。
    製品のライセンス認証」ボタンをクリックします。
  14. 次へ」ボタンをクリックします。
  15. 「同時ユーザライセンス」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  16. 入力項目へ「dc-spsslic.rikkyo.ac.jp」と入力します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  17. ライセンスが取得できると、下図のようになります。
    終了」ボタンをクリックします。
  18. 下図のようにSPSSのウィンド右下にSPSSが利用可能である事のメッセージが表示されていれば、ライセンス取得完了です。
TOPに戻る

Windows パッチのインストールのインストール

  1. インストールしたSPSSのビット数に合わせて、以下パッチをインストールしてください。
    64bit OS
    24.0-IM-S24STATC-WIN64-FP001.exe
    32bit OS
    24.0-IM-S24STATC-WIN32-FP001.exe
  2. 右クリックをし、「管理者として実行」と実行します。
    ユーザアカウント制御のウィンドが表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。
    インストールが開始されます。

  3. パッチのインストールが始まります。「次へ」をクリックします。
  4. 「使用条件の条項に同意します。」を選択し、「次へ」をクリックします。
  5. インストール」をクリックします。
  6. OK」をクリックします。
  7. インストールが完了するとPCの再起動を促されます。
    はい」をクリックしPCを再起動し、終了です。
TOPに戻る

Mac SPSSのインストール

  1. ディスクドライブ「SPSS Ver.24」を開きます。
  2. 「SPSS_Statistics_24_mac.dmg」アイコンをダブルクリックします。
  3. SPSSのインストーラが起動します。「SPSS_Statistics_Insterller」をクリックします。
  4. お使いのパソコンのログインユーザ名、パスワードの入力を求められます。(V-CampusIDではありません)
  5. OK」ボタンをクリックします。
  6. 次へ」ボタンをクリックします。
  7. 「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  8. Pythonをインストールするかを選択します。
    通常は「はい」で問題ありません。
    次へ」ボタンをクリックします。
  9. Pythonの使用許諾が表示されます。
    「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  10. SPSSの使用許諾が表示されます。
    「使用条件の条項に同意します。」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  11. インストール先を確認し、「次へ」ボタンをクリックします。ディスクの空き容量のある箇所を選んでください。
  12. インストール」ボタンをクリックします。
  13. インストールが始まります。 しばらく待ちます。
  14. 「Start IBM SPSS Statistics 24を今すぐ開始」のチェックボックスにチェックを入れ、「完了」ボタンをクリックします。
    この後、ライセンスの入力操作を行います。
  15. SPSSが起動します。 「製品のライセンス認証」ボタンをクリックします。
  16. 次へ」ボタンをクリックします。
  17. 「同時ユーザライセンス」のラジオボタンを選択します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  18. ライセンスマネージャ名またはサーバのIPアドレスの入力項目へ「dc-spsslic.rikkyo.ac.jp」と入力します。
    次へ」ボタンをクリックします。
  19. ライセンスが取得できると下図のようになります。
    終了」ボタンをクリックします。
  20. アプリケーションメニューの「IBM」-「SPSS」-「Statistics」-「24」より「SPSS Statistics」を起動します。
  21. 下図のようにSPSSのウィンド右下にSPSSが利用可能である事のメッセージが表示されていれば、ライセンス取得完了です。

    インストールは以上です。ディスクを取り出してください。
TOPに戻る

Mac パッチのインストールのインストール

  1. 24.0-IM-S24STATC-Mac-FP001.dmgをダブルクリックし開きます。
  2. 「PSS_Statics_installer_Patch.app」を実行します。
  3. ユーザ名、パスワードを入力します。
    「ヘルパーをインストール」をクリックします。
  4. OK」をクリックします。
  5. 次へ」をクリックします。
  6. 「使用条件の条項に同意します。」を選択し、「次へ」をクリックします。
  7. 次へ」をクリックします。
  8. インストール」をクリックします。しばらく待ちます。

  9. 完了」をクリックします。
TOPに戻る

Windwos SPSS 表示言語の変更

再起動を伴いますので、データの編集を終了してから行ってください。

  1. SPSS Staticsを起動し、上部ツールバーの「Edit」をクリックし、プルダウンメニューから「Options」を選択します。
  2. 「Language」タブを選択し、「User Interface」の言語メニューから、ご利用になる言語を選択します。
  3. 確認のメッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。
    SPSSの再起動後に選択した言語で表示されます。
TOPに戻る

学外での利用

ライセンスの持ち出し コミュータライセンスの利用 Windows

※学内ネットワークへ接続できない環境でSPSSを利用する場合にライセンスをPC内に持ち出すことで、最大7日間ネットワークへ接続をしなくてもSPSSを利用することができます。

※ライセンスを持ち出す作業はSPSSを利用するPCを学内ネットワークへ接続した状態(VPN接続を行った場合でも学内ネットワークへ接続した状態となります。)で行ってください。

  1. スタートメニューより「IBM SPSS Statistics 24 Commuter License」を起動します。
  2. 起動すると下図のようになります。
    通常のSPSS(Base)を利用される場合は「IBM SPSS Statistics (1200) 24.0…」を選らんでください。
  3. 「Duration (Days):」の入力項目へライセンスを利用する日数を入力します。(最大7日です。)
    Check Out」ボタンをクリックします。
  4. ライセンスが取得できるとチェックボックスにチェックが付きます。
    SPSSのライセンスの持ち出しは完了です。
    SPSSを利用できます。
  5. 利用が終わり、ライセンスを返却する場合はチェックボックスにチェックのついているものを選び、「Check In」ボタンをクリックすることで返却されます。
TOPに戻る

ライセンスの持ち出し コミュータライセンスの利用 Mac

  1. アプリケーションより「IBM」-「SPSS」-「Statistics」-「24」-「SPSS Commuter Utility」を起動します。
  2. 起動すると図のようになります。
    通常のSPSS(Base)を利用される場合は「IBM SPSS Statistics (1200) 24.0・・・略」を選んでください。
  3. 「期日(日):」の入力項目へライセンスを利用する日数を入力します。(最大7日です。)
    チェックアウト」ボタンをクリックします。
  4. ライセンスが取得できると「チェック」が付きます。
    SPSSのライセンスの持ち出しは完了です。
    SPSSを利用できます。
  5. 利用が終わり、ライセンスを返却する場合は「チェック」の付いているものを選び、「チェックイン」ボタンをクリックする事で返却されます。
TOPに戻る

VPN接続

以下のVPN 接続手順ページを確認の上、VPNアプリをインストールしてください。

VPN接続後にSPSSの起動を行うことにより、学外でSPSSの利用が可能です。