サインイン

システムの強制終了(Mac)

アプリケーションが動作しない

アプリケーションが動作しなくなり、終了することもできなくなった場合は、そのアプリケーションを強制終了できます。
アプリケーションを強制終了すると、アプリケーションで開いていた書類への変更がすべて失われます。

コマンドキー、Option キー、Esc キーを同時に押すか、Option キーを押しながら「Dock」内のアプリケーションのアイコンをクリックし、ボタンを押したままにして、アプリケーションを強制終了することもできます。
アプリケーションを強制終了した後、アプリケーションをもう一度使用してみてください。

コンピュータが終了しない

アップルメニューから「システム終了」を選択してもコンピュータの電源が切れない場合は、問題のあるアプリケーションを強制終了してみてください。
アップルメニューから「強制終了」を選び、アプリケーションを選択します。
次に、「強制終了」をクリックし、もう一度システム終了します。

アップルキー、option キー、esc キーを同時に押して、「強制終了」メニューにアクセスすることもできます。
この方法で終了できないときは、コンピュータのパワーボタンを 5 秒間押して、強制的に電源を切ってください。

上記のどの方法でも電源を切れない場合は、コンピュータのコンセントを抜き、もう一度接続します。
コンピュータを強制的に終了または再起動すると、開いていた書類の保存していなかった変更はすべて失われます。