サインイン

学内イントラネットへのアクセス

学外から学内イントラネットへアクセスする方法

学外からイントラネットにアクセスするにはProxyを利用して接続する方法、VPNを利用して接続する方法の2種類があります。
どちらも大学キャンパス内のLANに接続した時と同じ状態にする事が出来ますが、用途によって接続するサービスが異なりますので、ご確認の上、必要な設定をお願いします。​​​

VPNを利用して接続する方法

※休講情報や研究室のサーバに接続する場合

Proxyを利用して接続する方法

※主に図書館のデータベースに接続する場合

注)スマートフォン(iPhone(iOS5),Android 3)では標準機能でProxy 設定が出来ないため、学外からスマートフォンを利用して図書館オンラインデータベース等にはアクセスできません。

TOPに戻る  

イントラネットとは

1999年4月、立教大学は当時研究用として整備されていたインターネット環境を学生が多彩に活用できるよう大幅に増強して「立教バーチャルキャンパス(Rikkyo V-Campus)を構築し、運用を開始しました。

V-Campusは大きく分けて、「V-Campusインターネット」「V-Campusイントラネット」の2つがあります。

インターネット」は皆さんがご存じの通り、全世界に発信できる情報を置くことのできる区域です。
これに対し、「イントラネット」は、インターネットの技術を使って、大学内のネットワークを構築したもの、つまり、「ミニチュアインターネット」のようなもので、大学内のみで限定して公開したいという情報が置かれている区域です。

休講情報が自宅のパソコンから見られない」というのは、休講情報をはじめとする教務情報が「イントラネット」に置かれているためです。

インターネットとイントラネット

今までは、インターネット接続の普及率を考えても大学内のみでの情報閲覧で、さほどの不自由を感じなかったかも知れません。
しかし、この数年の、光ファイバーやADSL などのブロードバンド回線の普及により、自宅でのインターネット接続が当たり前の時代になってきました。
これに伴って、大学の関係者であれば、手軽に自宅の環境からでもイントラネットの情報を共有したいとの声が高まりました。
そこで設けられたのが、セキュリティを維持しつつ、インターネットとイントラネットを結ぶ「関所」ともいうべき門です。
インターネットを経由してアクセスする場合は、この関所で「ID」と「パスワード」を聞かれ、答えられた者のみが中に入ることができるというわけです。

注)企業などでは、ファイアーウォールの設定によりアクセスできない場合があります。

イントラネットのアクセスで見られる情報には、以下のようなものがあります(一例です)。

イントラネットのアクセス方法について​

イントラネット上のWEB資源にのみ接続するとき

proxy接続をご利用下さい。また、閲覧には条件があります。

proxy  

注意
閲覧(リモート接続)には条件があります。
詳細は図書館の以下のページをご確認下さい。

研究室のサーバなど学内接続するとき

vpn接続をご利用下さい。

proxy
TOPに戻る 

卒業後の「学内イントラネットへのアクセス」解除について

卒業による V-Campus サービス利用終了に伴い、「学内イントラネットへのアクセス」は無効となりますので、ご自身での設定解除作業をお願い致します。
設定を解除しないと、対象サイトへのアクセス時認証を求められますがアカウントが無効となってしまっているため、正常に閲覧が出来なくなります。ご注意ください。