サインイン

学内LAN接続について

必要なもの

研究室などから学内LANに接続する場合は、以下のものをご用意下さい。

  • パソコン(WindowsやMacintoshなど)
  • LANカード
    注)最近のパソコンはLANカード内蔵型がほとんどですので、お手持ちの機器のマニュアルやメーカーのサポート等で確認してください。
  • イーサネットケーブル(100/1000BASE-TX規格のストレートケーブル)
  • ネットワークハブ(2台以上のPCを接続する場合)

接続方法


  • ほとんどの研究室ではDHCPシステムにより、室内のコネクタにつなぎこむだけで学内LANへ接続できるようになっています。
    特に申請等は不要です。
  • コネクタが2つある場合は、原則的に「上側」または「若い番号」のコネクタをご利用下さい。
    (もう片方は別ネットワークの接続用に使います。)
  • プリンタサーバーなどのサーバーを運用する場合は、学内サーバー管理者用マニュアルをご覧下さい。


Ⅰ.WindowsXPの設定の場合

  1. 「スタート」ボタンをクリックして「コントロールパネル」を選択し、コントロールパネルが開いたら「ネットワークと共有センター」のアイコンをダブルクリックします。
    「ネットワーク接続」のアイコン
  2. 「ローカルエリア接続状態」画面が表示されたら「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ローカルエリア接続状態
  3. 「ローカルエリア接続の状態」画面が表示されたら、「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ローカルエリア接続状態
  4. "この接続は次の項目を使用します"の一覧から「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ローカルエリア接続状態
  5. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面が表示されたら、「IPアドレスを自動的に取得する」かつ「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」のラジオボタンをチェックして下さい。
    インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ
  6. 以上の設定が終了したら、「OK」ボタンをクリックして下さい。
  7. "新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。"という旨のメッセージが表示されるので
    「はい」ボタンをクリックして下さい。

以上で操作は終了です。再起動後インターネットに接続できるかご確認下さい。

Ⅱ.WindowsXPの設定の場合

  1. 「スタート」ボタンをクリックして「設定」→「コントロールパネル」を選択し、コントロールパネルが開いたら「ネットワーク接続」のアイコンをダブルクリックします。
    「ネットワーク接続」のアイコン
  2. 「ローカルエリア接続状態」画面が表示されたら「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ローカルエリア接続状態
  3. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面が表示されたら、"チェックマークがオンになっているコンポーネントがこの接続で使用されています"の一覧から「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ローカルエリア接続状態
  4. 「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」画面が表示されたら、「IPアドレスを自動的に取得する」かつ「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」を選択して下さい。
    インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ
  5. 以上の設定が終了したら、「OK」ボタンをクリックして下さい。
  6. "新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。"という旨のメッセージが表示されるので
    「はい」ボタンをクリックして下さい。

以上で操作は終了です。再起動後インターネットに接続できるかご確認下さい。

Ⅲ.Macintoshの設定の場合

  1. 画面左上アップルマークから「コントロールパネル」を選択し、「TCP/IP」をクリックします。
  2. 「経由先:」に"Ethernet"を選択します。
    コントロールパネル
  3. 「設定方法:」に"DHCPサーバを参照"を選択します。
  4. 以上の設定が終了したら、本画面を終了して下さい。その際、"変更内容を現在の設定に保存しますか?"という旨のメッセージが表示されるので「保存」ボタンをクリックして下さい。
  5. パソコンの再起動を行ってください。

以上で操作は終了です。再起動後インターネットに接続できるかご確認下さい。

LAN接続にあたってのご注意

LANの接続にあたり、ご自分及び立教学内の安全を守るため、セキュリティ対策をお願い致します。
尚、学内研究系LANに接続された脆弱なネットワーク機器調査のため不定期でポートスキャン及び脆弱性診断を実施致します。
不正アクセス、情報漏洩等を未然に防ぐ為の調査となりますので予めご了承ください

詳しくはV-Campus セキュリティ対策 概要をご覧下さい。

11号館研究室・研究科委員長室のLAN利用について

6階研究室及び、4階委員長室等の室内LAN コンセントについて

池袋キャンパス11号館6階研究室及び、4階委員長室等のLAN コンセントについては、各箇所2口のうち、上側の口(「A」と記載のあるもの)のみが利用可能です。

こちらの口にケーブル接続頂ければ、12号館と同様にネット利用が可能です。
下側のLAN コンセントについては、別途サーバー等を立てられる場合に、メディアセンターまでご相談頂ければ、内容に応じたネットワークの開通作業を行います。

プリンタサーバ等の利用について

11号館は12号館とは別のネットワークとなっておりますので、ネットワークプリンタ等の固定IPアドレスをご利用の場合は、その機器についてIPアドレスの再設定が必要です。

メディアセンターまでご連絡頂ければ、11号館用のIPアドレスを発行いたしますので、以下のあて先までご連絡下さい。

池袋メディアセンター
E-Mail :request-ip@rikkyo.ac.jp

注)メール本文に下記の3項目をご記入下さい。

  1. お名前
  2. 部屋番号
  3. 必要な数

ほか不明点ありましたら、メディアセンター(2905)までお問い合わせ下さい。

【重要】ブロードバンドルータを研究室内でご利用する場合の注意について

研究室の引越しにあたり、室内のケーブルの再接続を行っておられるかと思います。
その際にブロードバンドルータ(注1)をご利用されている方は「WAN」と「LAN」の接続を間違えないよう、くれぐれもご注意下さい。(注2)

注1)ADSLや光ファイバーなど高速な回線でインターネットに接続する際に使うルータ。
注2)LAN ケーブルを分岐するだけの、通常のハブをお使いの場合は「WAN」「LAN」の区別がありませんので、ご心配は無用です。

正しい接続
ブロードバンドルータへのLAN接続

注意
まちがえて接続した場合、その研究室だけにとどまらず、11号館、4号館、13号館のほかの研究室のネットワークの利用が出来なくなり、重大なネットワーク障害を引き起こします。
くれぐれもご注意下さいますようお願いいたします。