サインイン

HTML文書を作成する

HTML文書とは

HTMLはHyper Text Markup Languageを略したもので、タグと呼ばれる定義記号を文書中に埋め込んで作るテキスト文書です。
見出しや本文等文書の骨格、強調や色変更といった修飾、そして図や写真、他のページや別のホームページなど、他のリソースへのハイパーリンクなどを、タグで定義していきます。

HTML文書を作るには、タグを埋め込みながら内容を記述します。
タグづけのルールを理解すれば、Windowsに付属しているメモ帳を使って記述することができます。

Wordのようなワープロソフトを使ってページを作成し、HTML文書への変換機能を使って、Webページとして保存することもできます。
ホームページを作るための専門のソフトウェア(ホームページビルダー、Dream weaverなど。これらのソフトを「HTMLオーサリングツール」という)を使って作る方法もあります。

HTML文書の作成

  1. HTMLで記述したファイルを作成します。
    注)HTMLファイルの作成の仕方は、メディアセンターではレクチャーしておりませんので、インターネットや解説本等を参照してください。
    HTMLファイルを格納したフォルダ

注意!​

HTML文書を作成したら、登録する前にブラウザでリンクなどを確認しましょう。
ホームページに必要な画像ファイルなどは、すべて転送する必要があります。
あらかじめ1つのフォルダにまとめておき、そのフォルダの中身をすべて転送すると良いでしょう。