リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

2017年度卒業生

2017年度卒業生の卒業後のV-CampusID、メールアドレスやそれらに付帯するサービスやデータの取り扱いは以下のとおりです。

移行開始前(2018年4月4日)までに必ず確認し、必要な手続きを行ってください。

V-Campus ID(卒業後は段階的に利用できなくなります)

卒業後(2018年4月5日以降)、V-Campus IDは段階的に利用できなくなり、移行期間終了後(2018年10月5日以降)は完全に利用できなくなります。

SPIRIT Gmail(メールデータ:2018年4月7日~2018年10月4日までの間にご自身で移行作業が必要です)

卒業後は新しく「卒業生向け Gmail」というサービス(後述)が利用できるようになります。
Google社が提供している「コンテンツの移行」ツールを用いて、在学時のSPIRIT Gmailのメールデータを「卒業生向け Gmail」へ移行することができます。

Googleドライブ(2018年4月7日~2018年10月4日までの間にご自身で移行作業が必要です)

卒業後に新しく利用できる「卒業生向け Gmail」の付帯サービスとして、Googleドライブが利用できるようになります。
Google社が提供している「コンテンツの移行」ツールを用いて、在学時のGoogleドライブ内で自分がオーナーのファイルを、卒業生向け Gmailに付帯しているGoogleドライブへ移行することができます。

上記以外のデータ(2018年4月4日までにご自身で保存作業が必要です)

上記以外のデータ(ホームディレクトリ、ホームページ、在学時のGoogleカレンダー、在学時のGoogleフォトなど)は、(2017年11月8日現在)移行ツールはありません。
各自、必要に応じて、期限(2018年4月4日)までに自身でデータを自分のパソコンに保存(https://takeout.google.com/settings/takeout)するなどの作業を行ってください。

(ご注意)

  1. 留年もしくは休学などで学籍が残る方は、V-CampusID、メールアドレスやそれらに付帯するサービスやデータはそのままご利用いただけます。特に申し出ていただく必要はありません。
  2. 大学院へ進学する方は学生番号が変わりますので「卒業」扱いとなります。新学生番号のアドレスへ切り替えるようにしてください。

Index

  1. 卒業後に利用できるサービスについて
  2. 卒業後は利用できないサービスについて
  3. 主な流れ
  4. 移行開始前(2018年4月4日) までにご自身で実施いただく内容
  5. 卒業生用 Gmail の使い方
  6. 移行期間中(2018年4月7日 ~ 2018年10月4日)にご自身で実施いただく内容
  7. その他

卒業後に利用できるサービスについて

卒業生向け Gmail(在学時のSPIRIT Gmailとは別のサービスです)

卒業後は、「卒業生向け Gmail」というサービスを新たに利用することができるようになります。
在学時のSPIRIT Gmail アドレス(学生番号@rikkyo.ac.jp)宛に来たメールは、卒業後は自動的に卒業生用Gmail アドレス宛に転送されます。
在学時のSPIRIT Gmailには新しいメールが届かなくなりますので、ご注意ください。

注1)在学時追加した別名(エイリアス)メールアドレスは卒業後も全て有効です。
  なお、卒業後の別名追加、変更はできません。
注2) 在学時のメールアドレス(エイリアス)での送信はできません。
  送信元アドレスは「学生番号@al.rikkyo.ac.jp」となります。

卒業後は利用できないサービスについて

卒業生向け Gmail以外のサービス全て

ホームページ、ホームディレクトリ、Blackboard、その他のデータ(在学時のGoogleカレンダー、Googleフォト、Googleドライブなど)、パソコン教室、無線LANの利用、ID認証連携など、在学時の全てのサービスは卒業後は利用できません。

注3)在学時のデータは削除されます。

TOPに戻る

主な流れ

  1. 2018年 4月4日 までは在学時のサービスを引き続きご利用いただけます。
    2018年 4月4日 までの間に、ご自身で在学時のSPIRIT GmailとGoogleドライブ以外のデータを保存してください。
  2. 2018年 4月5日と4月6日 はメンテナンスを行うため、全てのサービスを利用できません。
  3. 2018年 4月7日 ~ 2018年 10月4日 までの間は、在学時のSPIRIT Gmailと卒業生向け Gmailの両方が利用できます。
    その間に、ご自身でメールデータとGoogleドライブのデータを移行してください。
  4. 2018年 10月5日 に在学時のSPIRIT Gmailを停止いたします。
    これ以降は、在学時のV-Campus IDは一切使えません。
TOPに戻る

移行開始前(2018年4月4日)までにご自身で実施いただく内容

パスワードの変更

入学して以降一度もパスワードを変更していない方は、パスワードを変更する必要があります。パスワードを変更しなかった場合は、卒業生用Gmailにログインできず、大学窓口でのパスワードの再発行が必要となります。
パスワード変更方法は以下のページをご参照ください。 

在学時に作成したファイルなどのデータ保存

SPIRIT Gmail 以外のサービス・データについては4月 5日以降、SPIRIT Gmail 内のデータについては10月 5日以降は一切利用できなくなります。必要なデータは期限までに、お持ちのパソコンなどにご自身で保存しておいてください。

管理しているメーリングリストの引継ぎ

管理者になっているメーリングリストを継続して利用する場合は、在学生へ管理権限を引き継いでください。

TOPに戻る

卒業生用 Gmail の使い方

以下のページをご参照ください。

TOPに戻る

移行期間中(2018年4月7日 ~ 2018年10月4日)にご自身で実施いただく内容

【重要】パスワード紛失に備えた再発行準備(必ず実施しましょう)

パスワード紛失に備えた再発行準備をせずにパスワードを紛失した場合には、大学窓口で顔写真付き身分証明書の提示によるパスワードの再発行が必要となります。
パスワード再発行準備をされていない場合は、電話やメールなどによる再発行はできませんので、ご注意ください。

メールデータ移行作業

在学時から移行開始前(2018年4月4日)までに保存しているメールデータとGoogleドライブ内のファイルについては、卒業生用Gmailへ自動的には移行されません。
在学時のメールデータとGoogleドライブに保存しているファイルが必要な方は、以下の手順に従い、ご自身で移行を行ってください。

TOPに戻る

その他

「学内イントラネットへのアクセス」の解除について

卒業による V-Campus サービス利用終了に伴い「学内イントラネットへのアクセス」が 無効となります。このため、ご自身で設定したパソコンなどで、設定の解除作業が必要となります。

設定を解除しないと、対象サイトへのアクセス時に認証を求められますが アカウントが無効なため、正常に閲覧ができませんのでご注意ください。

手順については、以下のページを参考に解除を行ってください。

TOPに戻る

図書館利用について

図書館のオンラインデータベースについても、卒業と同時に利用できなくなります。
詳細は池袋図書館1F総合カウンターまでお問い合わせください。
図書館連絡先 : 03-3985-2628

TOPに戻る

ID認証連携について

卒業後は V-CampusID とは別の ID が新しく発行され、在学時の V-Campus ID は移行期間終了後に削除されます。
V-CampusID で認証情報を連携させるサービスに登録している場合、移行期間が終了するまでに登録情報の変更を行ってください。

具体的な連携されているサービスは、パソコンから SPIRIT Gmail にログインしている状態で以下のURLにアクセスすれば、確認することができます。

具体例

下記画像の例では、移行期間終了後に「Dropbox」と「feedly」へのアクセスができなくなります。

なお、メールアドレスを ID として登録するサービスの場合は、卒業生向け Gmail で在学時と同じメールアドレスでのメール受信が可能なため、引き続きサービスの利用継続が可能だと考えられます。詳細については、各サービスの提供元にご確認ください。

TOPに戻る

卒業生の卒業後のV-CampusID、メールアドレスの取り扱いに関するリンク一覧