リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップinternational

日本での就職を希望する場合、日本ならではの就職活動の時期と流れを理解し、積極的に情報収集を行うことが大切です。
就職活動の過程では、「なぜ日本に留学し、何を学んだのか」「なぜ日本で働きたいのか」「帰国の意思はあるか」といった外国人留学生ならではの質問をされることもあります。過去の思いや経験を振り返り、将来の展望をしっかり語れるようにしておきましょう。

外国人留学生の就職活動

日本で就職活動をするためには、日本の就職活動の時期と流れを知り、早めに計画を立てて行動する必要があります。外国人留学生対象の就職支援プログラムも積極的に活用し、行動量・情報量を増やすことが結果につながります。

[参考] キャリアセンター主催 外国人留学生向けプログラム
「外国人留学生就職ガイダンス」、「外国人留学生エントリーシート対策」、「シゴト研究会 外国人留学生編」など

日本企業が求める外国人留学生

企業が採用選考の際に外国人留学生に求めるポイントは、基本的には日本人学生と同じですが、特に以下のポイントを重視します。

企業が重要視するポイント

日本語能力の高さ
日本で仕事をする上では、社内でのコミュニケーションがほとんど日本語のため、大半のグローバル企業が日本語能力の高さを求めます。日本語能力検定のN1級以上、最低N2級以上かつ口頭でのコミュニケーションができる必要があります。

グローバル企業、大企業によっては、母国語、日本語とともに英語力を求められるケースもあります。

日本文化の理解
日本の生活習慣やビジネス社会、日本人の気質を理解しているか、協調性を持っているか。

情報収集に役立つリンク

就職を探す

ビザ

その他