リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップuturn

地方での就職活動は情報量・活動日程や活動資金の確保など、通常の就職活動とは条件が異なるため、早い段階で就職活動の方針を決定し、情報収集することが大切です。
大学だけでなく、各道府県も支援機関を設置し、情報提供・就職活動支援を行っていますので、上手に活用していきましょう。

U・Iターン就職とは

Uターンとは、進学で上京し、卒業後に再び地元に戻って就職することを言います。Iターンとは地元の大学に進学し、地元以外の地域で就職することを言います。地方での就職活動は情報量・活動日程や活動資金の確保など、通常の就職活動とは条件が異なるため、できるだけ早い段階で就職活動の方針を決定することが大切です。

U・Iターン就職を考える場合

事前に就職活動の方針を決定し、情報収集していくことがポイントです。
長期休暇中にインターンシップに参加したり、東京で開催されるU・Iターン就職イベントに参加するなど、早いうちから積極的に行動をしましょう。また、地方で活動するためにかかる時間とお金の問題があります。自治体によっては、就職活動にかかる交通費助成など、様々な支援を行っているので、そうした制度の有無を調べるのも良いでしょう。

U・Iターン就職志望者向け支援

キャリアセンターでは、U・Iターン就職のポイントを簡潔に解説する「U・Iターン就職ガイダンス」と、各道府県のUターン支援担当者に直接相談できる「U・Iターン就職相談会」を開催しています。
また、各道府県から寄せられた就職関連イベント情報や、就職活動に役立つ情報を、県出身学生にメールで配信しています。

学外の支援、相談窓口

東京または地元にあるUターンセンターや新卒応援ハローワークなどでも就職相談をすることができます。地元で働いている家族や社会人などに話を聞いてみることもオススメです。その地方にどんな企業や団体があるかなど、アンテナを張って見てみるようにしましょう。

U・Iターン就職を考える際に役立つウェブサイト(リンク集)