リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップcamp

キャンプ

​​​​​​​​​​​​​立教大学が伝統的に展開している課外教育プログラムです。教室から外へ出て、さまざまな現実に直接触れることを通して学びを深めるプログラムを「キャンプ」と呼んでいます。

キャンプ参加者とのかかわりやそこに生きている人々との共同生活を通して、自己発見・他者理解を深め、聖書のメッセージを体験的に学びます。募集は、ホームページや学内掲示板を通してお知らせする予定です。

奥中山ワークキャンプ

奥中山。ここには、人を想い、人に生きる人たちがいます。
まず、出掛けていくこと。
大切な気づきは、そこからはじまるはずです。

​岩手県奥中山にある「小さき群の里」で​は、知的しょうがいとともに生きる方々が共同生活をおくるなかで農業・畜産・食品加工などの作業に従事し、社会の中で自立する準備をしています。

参加者はここでの9日間にわたる、施設利用者の皆さんとの作業(ジャガイモ掘りなど)、立教大学のキャンパーで行う作業(倉庫の移築など)、参加者同士の話し合いを通じて、しょうがいしゃへの理解を深めるとともに、自己理解、他者理解の深化を目指します。

2017年度 説明会開催

新座キャンパス:5月30日(火) 12時​30分~13時00分 N211教室
池袋キャンパス:6月  2日(金) 12時30分~13時00分 本館1103教室
お昼を食べながらご参加ください。また、説明会に参加しなくても応募可能です。

2017年度 募集概要

  • 場所:社会福祉法人カナンの園「小さき群の里」(岩手県二戸郡一戸町奥中山)
  • 期間:8月27日(日)~9月4日(月)8泊9日 ※現地解散
  • 概要:施設での労働奉仕、参加者同士の話し合いを通じて、しょうがい者への理解を深めると共に、自己理解、他者理解の深化を目指す。
  • 定員:15名(予定)
  • 参加費:約28,000円(※帰路の交通費は含まれません)
  • 申込受付:6月5日(月)~6月16日(金)17:00
  • 詳細:「立教時間」募集ページ(http://s.rikkyo.ac.jp/64a59c4)内、募集要項 /参加申込書(Exce​l)をご確認ください。
  • 備考:(参加者の感想より)「また奥中山に行きたい!」キャンプ参加者が皆そう思うくらい奥中山は本当にステキなところです。パン・ジャムがおいしい! 景色がきれい! 一度見てしまったら絶対に忘れられない満点の星空! そして、何よりも人を感じられる場所。奥中山ワークキャンプを漢字一文字で表すと、私は「人」という字を思い浮かべます。キャンプのメンバー、里の職員さん、そして利用者さんと出会い、人と対話することを学びます。気付かなかった人の気持ち、知らなかった新しい自分を見つけられるキャンプだと思います。

日韓キャンプ

「私たちが出会って、歴史が作られる」。韓国を舞台に9日間に渡り、協定校である聖公会大学の学生とともに働き、学び、過ごす「日韓共催キャンプ」です。前半は江華島にて農業で汗を流し、後半はソウルでホームステイをさせていただき、寝食を共にしていく中で、異文化交流を深めます。学生同士の出会いを通して日韓の歴史と今を学び、新しい未来に向かうビジョンを創り上げていくことがこのキャンプのねらいです。

2017年度 説明会開催

池袋キャンパス:5月 8日(月) 12時30分~13時10分 1202教室
新座キャンパス:5月10日(水) 12時30分~13時10分 N854教室
説明会は、お昼を食べながらご参加ください。※説明会に参加しなくても応募可能です。

2017年度 募集概要

  • 場所:韓国(江華島~ソウル市)
  • 期間:8月2日(水)~10日(木)8泊9日
  • 概要:日韓の学生が労働と学びを通して友情と連帯の関係を創り上げる。また、事前学習、現地で聞く証言などを通して、日韓の歴史と今を学ぶ。
  • 定員:15名(予定)
  • 参加費:約130,000円(予定) (※渡航費6.5万円、滞在・プログラム費6.5万円)
  • 参加条件:立教大学在学生(学部、大学院)で準備会に出席できる者​
  • 募集期間:4月24日(月)~5月15日(月)17:00
  • 詳細:募集要項
    申込用紙
    申請方法​
  • ※申請方法をご確認の上、立教時間(ウェブ)より申し込んでください。
    https://portfolio.rikkyo.ac.jp/tcr/evt/showDetail?eventPk=144
  • 備考:(参加者の感想より)「2001年から、毎年夏休みに行われているキャンプ。立教大学の協定校・韓国聖公会大学の協力を得て、日韓の大学生同士が出会い、寝食を共にしながら友情を築き、歴史を学び、未来への夢を語り合うキャンプです。日韓のむかし・いま・これからが“見える”、チャプレン室が自信を持ってお届けするプログラムです。

榛名ボランティアキャンプ

互いに助け合って生きる、これは互いに信頼して生きていくこと。私たちは援助する側・される側に分け隔てられるのではなく、援助する時もされる時もある存在です。先進的な総合的高齢者福祉施設「新生会」で、高齢者の方と触れ合いながら、ボランティアマインドを学び、同時に自らの人生について生きること・老いること・共にあること、そしてそれらを通して聖書のメッセージを体験的に学ぶプログラムです。

2017年度 説明会開催

新座キャンパス:6月5日(月) 12時30分~13時00分 N211教室
池袋キャンパス:6月9日(金) 12時30分~13時00分 1203教室
※説明会はお昼を食べながらご参加ください。なお、説明会に参加しなくても応募可能です。

2017年度 募集概要

  • 場所:社会福祉法人新生会(群馬県高崎市中室田町)
  • 期間:8月29日(火)~9月1日(金)
  • 概要:ボランティアマインドと高齢は介護の基礎を体験的に学ぶ。高齢者との出会いを通して「生きること・いのち」について考える。
  • 定員:15名(予定)※応募者が5名に満たない場合は実施しません。
  • 参加費:17,000円(予定)
  • 参加条件:​立教大学在学生(学部、大学院)
  • 募集期間:6月5日(月)~6月16日(金)17:00
  • 詳細/申請方法:※立教時間(ウェブ)より申し込んでください。
    https://portfolio.rikkyo.ac.jp/tcr/evt/showDetail?eventPk=320
  • 備考:(参加者の感想より)「自分の『高齢者・老いること』への考え方が180度変わるきっかけとなったのは、入居者の方々、職員の方々などの多くの人との出会いである。入居者の方とのお話(戦争の時代や若い頃)から様々な形の生き方と出会い、職員の方の仕事の様子からは”関わる”という福祉の原点に出会った。これらの出会いが自分の考え・価値観を変え、講義では学べないことをたくさん学ぶきっかけになった。人と出会う・関わることは素晴らしいことだなと実感し、改めて福祉を学ぶ者として「福祉を選んで良かった」「福祉っていいな」と強く思うようになった。この気持ちをわすれず、これからの学生生活、実習やボランティアでも、一つ一つの人との出会いを大切にし、その関わりを長く続けていきたいと思う。」
​​