リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップchange

​​​​​​​​​ ​​立教大学では、パソコン教室をはじめとする学内のパソコンについて、教育研究活動で活用される様々なアプリケーションソフトの導入や、最新バージョンの適用など、多様な要望に対応するために、随時、アプリケーションソフトの見直しを行っています。​

2021年度春学期

各ソフトウェアの運用終了について

2020年9月21日更新

2020年度 3月末で以下ソフトウェアの運用を終了いたします。
授業で利用されるものがございましたら、 「メディアセンター ヘルプデスクへのお問い合わせ」からお問い合わせください。

  • SPSS Ver.26、Amos Ver.26
    2021年度より、Ver.27を運用します。

2020年度春学期

統計解析ソフト「SPSS Ver.26」へバージョン移行のお願い (学生は対象ではありません。)

2019年11月7日更新

メディアセンターより「SPSS ver.23」、「SPSS ver.24」を借用し、利用中の方へのご案内です。

当該ソフトウェアについてVer.26への移行を予定しております。
「SPSS ver.23」および「SPSS ver.24」の運用は2020年03月下旬で終了し、ご利用いただけなくなります。

引き続き「SPSS」をご利用を希望される方は、「Windows、Office等ソフトウェア、Adobe、Apple製品の提供について」をご確認ください。

各ソフトウェアの運用終了について

2019年11月6日更新

2019年度 3月末で以下ソフトウェアの運用を終了いたします。
授業で利用されるものがございましたら、 「メディアセンター ヘルプデスクへのお問い合わせ」からお問い合わせください。

  • QGIS 2.18
  • Microsoft Visual Studio 2017
  • Windows Live PhotoGallery
  • Windows Live MovieMaker
  • LEMWIN​
  • PyMOL
  • SPSS Ver.23、24