リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

V-Campus利用規約

​​​第1条 目的

この規約は,立教大学が提供するインターネットサービス(以下「立教V-Campus」という。)の円滑な運用およびセキュリティ対策のために必要な事項を定める。

第2条 利用の目的

立教V-Campusは立教大学及びその関係組織の教育・研究のために利用することを目的とする

第3条 利用資格

立教V-Campusの利用者(以下「利用者」という)は立教大学の在学生,教職員及び立教大学がその他適当と認めた個人又は大学内の団体に限るものとする。

第4条 利用に当たっての遵守事項

利用者は,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

  1. 研究・教育並びにその支援のための管理業務以外の目的にネットワークを利用しないこと
  2. 営利を目的とした利用を行わないこと
  3. 通信の秘密を侵害しないこと
  4. ネットワークの運用に支障を及ぼすような利用を行わないこと
  5. ネットワーク及び接続するコンピュータに対する不正行為等が発生しないよう最善の努力を払うこと

第5条 ID及びパスワード

  1. 利用者は,立教大学が利用者に対し付与するID及びパスワードの管理責任を負うものとする。
  2. ID及びパスワードの使用上の過誤や第三者の使用による損害の責任を立教大学は負わない。
  3. 利用者は,ID又はパスワードが窃用され又は窃用される可能性があることが判明した場合には,直ちに立教大学にその旨を連絡するとともに,立教大学からの指示がある場合にはこれに従うものとする。

第6条 利用の停止

立教大学は,次の各号のいずれかに該当する場合,又は該当する恐れのある場合,これを調査し,立教V-Campusの利用資格を停止することがある。

  1. 利用者が違法に,又は明らかに公序良俗に反する態様において立教V-Campusを利用したとき
  2. 利用者が立教V-Campusを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し,重大な支障を与える態様において利用したとき
  3. 第三者によって当該のIDもしくはパスワードが不正利用されているとき
  4. 学部教授会が必要と認めたとき
  5. 部長会が必要と認めたとき
  6. 立教大学情報倫理規程に違反したとき
  7. その他,立教大学メディアセンターが必要と認めたとき

第7条 免責

立教大学は,立教V-Campusによるサービスの提供の遅延又は中断によって,若しくは提供された情報に関連して生じた損害に対し,責任を負わないものとする。

第8条 規約の改廃

  1. 立教大学は,利用者の承諾を得ることなくこの規約を改廃することがある。
  2. この規約の改廃は,情報企画委員会の議を経て,総長が行う。