リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップaccident_insurance

​​​​​​​​​​​学生教育研究災害傷害保険(学研災)は、学生が教育研究活動中に被った災害に対して必要な給付を行い、大学の教育研究活動の充実に資することを目的として、1976年度から始められた制度です。立教大学では、大学が保険料を負担して、全学部学生・大学院学生がこの保険に加入しています。保険期間は在籍期間となります。

入学時に配布する「学生教育研究災害傷害保険加入者のしおり」、あるいは学研災の運営者である(公財)日本国際教育支援協会のホームページ(http://www.jees.or.jp/)に、本保険に関する重要な事項が掲載されているので、必ず確認し、事故が発生した際には速やかに手続きを行ってください。

(1)保険金について

​ ​
区分正課中 ​・ 学校行事中​課外活動中(公認団体)​正課・学校行事・課外活動中を除くキャンパス内滞在中
通学中・学校施設等相互間の移動中​
死亡保険金1,200万円​600万円
後遺障害保険72万円~1,800万円​ ​※136万円~900万円 ※2
​​医療保険金
(270日限度)
3千円~30万円
(治療日数1日以上)
3万円~30万円
(治療日数14日以上)
6千円~30万円
(治療日数4日以上)
​​入院の場合、1日につき4千円を加算(180日限度)

※1:2013年4月入学以前の学生は「54万円~1,800万円」となります。
※2:2013年4月入学以前の学生は「27万円~900万円」となります。

(2)事故が発生したとき

事故発生から30日以内に所属キャンパスの学生部学生課に申し出、保険会社への通知ハガキを受け取り、送る(代理人でも可)。
完治後、保険金請求書類を最初に申し出を行った窓口で受け取る。記入後、同じ窓口に提出する。
保険会社から保険金を受領する(本人指定の銀行口座へ振込)。