リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップindex

​​​​​​​​​​​​​卒業生名簿閲覧(キャリアセンター内事務PC)

キャリアセンター内の専用PCで卒業生情報を検索・閲覧できます。現在、OB・OG訪問のための連絡先を公開している卒業生数は約3万人。企業名、卒業年、所属学部学科、現在の職種などが登録されており、検索で対象を絞り込むことが可能です。話を聞きたいと思うOB・OGを探し、直接アポイントを取ることができます。

​​立教キャリアリンク(フェイスブックアプリ)

Facebookと連動した、学生と卒業生との交流促進を目的とした立教独自のネットワークアプリケーション。マイページに事前に登録した希望業種・勤務地に該当する卒業生や在学生が一覧表示されるほか、業種や勤務地、学部、ゼミ、サークル、性別で検索でき、Facebookのメッセージ機能を活用して直接連絡をとることができます。Facebookのアカウントを取得していれば、自宅PCはもちろん、スマートフォンで利用できます。
2017年10月現在の登録者数は、卒業生・内定者が5146人、在学生は2507人です。

立教キャリアリンク​​​

利用した​感想

​私は第一希望の企業に所属する約10人のOB・OGにお話を伺いました。実際にお話を伺う中で、「なぜこの業界なのか」「なぜこの企業なのか」「自分はここでキャリアパスを描けるか」など、自身の考えを固めていくことができました。
「立教キャリアリンク」は、先輩の顔や学生時代の所属サークルなども知ることができ、アプローチしやすかったです。 〔文学部4年次生〕

VISITSOB(学外サイト)

「VISITS OB」は、大手企業や官公庁・団体に所属する社会人が、自身のキャリア情報を登録し、公開しているサービスで、現在、7000人以上が、仕事内容や将来の目標などを登録しています。学生は社会人の情報を読むことはもちろん、興味ある人を見つけたらフォローする形でアプローチ。実際に会って直接話を聞くきっかけにつながります。

VISITS OB​​​

OB・OG訪問会(学内プログラム)

​複数業界のOB・OGと話すことができるプログラムです。1年次生の参加も可能で、2016年度は、145の企業・団体等が来校し、1472人の学生が参加しました。

OB・OGのポイント

先輩方はとても貴重な時間を割いて皆さんのために会ってくださいます。
皆さんにとってもOB・OG 訪問を有意義なものとするために、事前準備をしっかり行い、マナーなども気をつけましょう。

詳細は『立教就職ガイド』の「Chapter.5 OB・OG訪問」で確認してください。