リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

​​​​​​​​​​​​​​​​​体験学習を通じて社会の担い手としてのシティズンシップを磨くプログラム「立教サービスラーニング」が、2016年度より全学共通科目で本格的に始まりました。2016年4月、立教サービスラーニングセンターが開設し、立教サービスラーニング(RSL)を運営します。

​​

 お知らせ

​​

​立教サービスラーニングとは

皆さんは、立教大学の教育理念についてご存じですか?立教大学のオフィシャルシンボルに描かれた、楯のマークの中央には、ラテン語「PRO DEO ET PATRIA」と記されています。この標語は、「普遍的なる真理を探究し(PRO DEO)」、「私たちの世界、社会、隣人のために(PRO PATRIA)」を意味します。すなわち、広い視野に立って物を見て自分の力で考え、当事者、市民、他の専門家などと共に困難な課題を解決する意欲と力を持つ人材のことです。

「立教サー​​ビスラーニング(Rikkyo Service Learning: RSL)」は、「世界・社会・隣人」と実際に交わりながら、社会の現場も「教室」として捉える、新しい「学修」スタイルの科目群です。

​2017年度は、講義系10科目・実践系5科目が開講します。​

授業では、事前学習をし​たのち、一定の期間にわたり、受入機関・団体(NPO、行政、企業等)の支援・指導の下​、社会で生起するさまざまな課題を題材とした体験学習を行います。これに事前学習と体験学習を統合し、学びを深める事後学習をおこなうことで成績評価、単位認定がなされます。

 

これまでの学び方と、どこが違うの?どのように学ぶの?

皆さんにとって、「大学で学ぶ」というのはどのようなイメージでしょうか? 大きな教室で講義を受けたり、仲間とディスカッションをしたり。文献を読み、専門的な知識を覚えることも必要でしょう。 そのイメージを、少し広げてみませんか? 大学の学びは、「答えのない問いについて考えること」であるとよくいわれます。そのためには、自分が深めたいテーマとの出会いを自分から積極的に探す姿勢が大切です。

良いテーマに出会うには、世の中で起きている問題や、人によって意見が異なる社会的問題について、実際に体験し、考えてみることが近道の一つです。そして、単に体験するだけで終わらせるのではなく、そこから大学で専門的に学ぶテーマを見つけ、人生のテーマに出会うきっかけとする、それがサービスラーニングです。

サービスラーニングの基本的な流れ(※)は、下図の通りです。実際の社会での体験学習(実習)の前後に、課題設定や仮説設定、理論的な知識の導入等を行う「事前学習」、体験を学問的に意味づける作業や自分自身の今後の行動につなげる「事後学習」を行います。近頃は、「アクティブラーニング」という学び方が注目されていますが、サービスラーニングはその一つでもあるのです。

 

科目にはどのような種類があるの?

「立教サービスラーニング」の科目には、大きく分けて、講義系科目と実践系科目の2種類があります。

講義系科目では、「大学での学び方」「シティズンシップ」「他者との協働」「公共的な課題解決」「政治参加」「NPO運営」など、「立教サービスラーニング」が重要と考えるテーマについて、理論と事例の両面から学ぶことができます。

実践系科目では、実際に国内外のフィールドに出掛けて、各科目のテーマについて「体験」を知識や理論に関連付けながら、学問的に学びを深めます。

「立教サービスラーニング」では、学生の皆さんの学修段階や自身の関心に合わせ、履修できる科目を開講しています。


どのような力が身に付くの?

「立教サービスラーニング」を通して皆さんが身につけられる力として、次の4つがあります。​​​​​

  1. 社会と向き合う、視点や視座
  2. 大学で自分らしく学ぶ姿勢とワザ
  3. 社会を創り、支える一員としての責任感覚
  4. 政治参加や仲間/地域の中で恊働するためのスキル(対話、議論、コミュニケーション、文書化、プランニング、プレゼンテーション)

「立教サービスラーニング」では、社会で役に立つ技法やスキルの修得も大切ですが、社会の中で自分がどのように生きていくか、その視点や姿勢を自覚的に養います。そして、これにもとづいて、身近な組織、地域やコミュニティ等に向かって働きかけ、行動する力を養うことを重視しています。

 

科目履修の案内

  • 科目の詳細については、全学共通科目「履修要項」「シラバス」「時間割」を参照してください。「立教サービスラーニング」科目のシラバスは、「シラバス・時間割検索システム」で検索できます。検索ワードとして「RSL」と入力してください。
  • 履修を希望する学生は、科目履修にあたっての注意事項が全学共通科目「履修要項」に記載されているので、必ず目を通した上で履修登録してください。
  • 履修のための事前説明会を実施します(開催日時・場所はシラバスを参照)。履修を希望する学生は必ず出席してください。

「立教サービスラーニングセンター」にお越しください!【ボランティアセンターとともに、1カ所で皆さんの学びと活動をサポートします!】

新たに始まる「立教サービスラーニング」を運営するのが、「立教サービスラーニングセンター(RSLセンター)」です。
RSLセンターは、池袋キャンパス5号館1階、新座キャンパスは7号館2階にあります。これまで、立教生のボランティア活動を支援してきた「ボランティアセンター」と同じ場所に開設されます。
正課のサービスラーニングと、正課外のボランティア、それぞれ異なるところもありますが、立教大学の建学の精神に基づいて皆さんの社会的活動を支える役割を担う点は共通です。キャンパス外での学びや活動に少しでも関心がある学生の皆さん、ぜひ一度気軽に立ち寄ってみてください。

Rikkyo Service Learning G​​uide Book 2016 (立教サービスラーニングガイドブック)

Rikkyo Service Learning Guide Book 2016



 

1.あなたの「当たり前」って本当?(P.2-P.3)

立教サービスラーニングとは? 簡単に説明してあります。

​​2. 立教サービスラーニングで学べること(P.4-P.5)

2016年度開講科目について、1科目ずつ説明しています。2015年度までパイロットとして運営されていた科目の体験学習の様子の写真も掲載しています。

3. 履修ロールモデル紹介(P.6-P.7)

​​どのように履修できるのか、3つのパターンをモデルとして掲載しています。​

お問い合わせ先・場所​​

サービスラーニングセン​ター

TEL:03-3985-4967(池袋)5号館1階(池袋)
TEL:03-3985-4967(池袋)7号館2階(新座)

ボランティアセンター

TEL:03-3985-4651(池袋)5号館1階(池袋)
TEL:048-471-6682(新座)7号館2階(新座)