リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップindex

​緊急連絡システムの利用について

​利用について

本学では、大規​模地震などの自然災害発生時における学生・教職員の安否確認や、インフルエンザなどによる全学休講のお知らせなど、 緊急かつ重要な連絡を行う手段として、携帯電話のメール機能を活用した緊急連絡システムを運用しています。

1.緊急連絡システムよりメール安否確認(大規模地震発生時にメールが送信されます。)「東京で地震が発生しました。安否状況を回答してください。2.メール回答。学生・教職員は携帯またはPCにて安否確認を返信してください。「池袋キャンパスにて被災しましたが無事です。」

大規模地震等発生時の概要

大規模地震等が発生した場合

  • ​東京都あるいは埼玉県で震度5強以上の大規模地震等が発生した場合、大学から学生・教職員に安否確認メールが送信されます。​
  • 安否確認メールの受信後、ご自分の安否状況をメールで返信してください。
1.大規模地震 東京都あるいは埼玉県で大規模地震が発生した場合。2.大学→学生・教職員 学生・教職員に安否確認のメールが送信されます。3.学生・教職員→大学 質問に対する回答を返信してください。

新型インフルエンザの流行、台風の接近等による全学休講のお知らせなど

新型インフルエンザの流行、台風の接近等による全学休講など、緊急の連絡が必要な場合、学生・教職員に緊急連絡メールが送信されます。

​学生・教職員の利用について

緊急連絡システムを利用するためには、以下の手続きが必要です。

​(1)メールアドレスの登録

安否確認・緊急連絡メールを受信するには、緊急連絡先として携帯電話のメールアドレスを登録する必要があります。

​学生の場合

入学時に大学に提出する「学籍関連事項整理票」に記入したメールアドレス、または科目コード登録時に申請したメールアドレスが、登録アドレスになります。 未登録の方やメールアドレスを変更した場合は、速やかに教務関係窓口(教務事務センター、新座キャンパス事務部教務課、独立研究科事務室、セカンドステージ大学事務室)に申請してください。

​教職員の場合

人事部人事課に申請したメールアドレスが登録​メールアドレスになります。 未登録の方やメールアドレスを変更する場合は、以下の要領にしたがって、速やかに人事部人事課に届け出をしてください。

人事課への届け出方法

以下に掲載している「緊急連絡システム用緊急連絡先届」をダウンロードしてください。
緊急連絡先届に携帯電話の番号、メールアドレスなどをご記入の上、人事課宛にメール添付(jinji-itaku@rikkyo.ac.jp)にて提出してください。メールが利用できない場合は、緊急連絡先届を印刷の上、人事課に提出してください。また、登録内容に変更があった場合も、同様に人事課に提出してください。

​​緊急連絡システム用緊急連絡先届​​教職員用、学生使用不可

​(2)メールの受信設定

安否確認・緊急連絡メールは以下のドメイン(e-ansin.com)から送信されます。同ドメインからのメールを受信拒否しないよう、携帯電話の設定を行ってください。

e-ansin.com

​(3)メールアドレスを変更した時

メールアドレスの変更を申請した後、緊急連絡システムより「メールアドレス確認通知」が新しいメールアドレスに送信されます。「メールアドレス確認通知」に返信することで、確認手続きが完了しますので速やかに返信してください(※)。確認が完了すると「メールアドレス確認完了通知」が新しいメールアドレスに送信されます。

返信は、新しいメールアドレスから行ってください。エイリアス・別名の使用など、別のメールアドレスから返信してしまうと、変更手続きが完了しません。

安否確認メールの回答方法

受信した安否確認メールに直接返信してください。メールの件名は変更する必要はありません

安否確認メールの例

大規模地震発生時には、緊急連絡システムから以下の例のような安否確認メールが送信されます。

​回答方法

  • 返信メールの本文1行目の1文字目にQ1の回答を数字で入力してください。
  • 返信メールの本文1行目の2文字目にQ2の回答を数字で入力してください。
  • コメントをつけたい場合は、Q1、Q2の回答入力の後から入力してください。

回答番号は全角と半角のどちらで入力いただいても構いません。

安否確認メール受信画面

回答例

Q1は「1:無事(Safe)」と回答。
Q2は「7:学内(池袋)on campus(Ikebukuro)」と回答する場合

文頭に挨拶文などは書かないでください。

安否確認回答画面

大地震対応マニュアル