リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップundergraduate

学部学生対象の奨学金

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​経済的理由で学業継続が困難な学生に対して学業継続の機会を保障することを目的としたもの(奨学目的)と、優れた能力を有する学生に対してその能力をさらに伸ばす機会を提供することを目的としたもの(育英目的)とがあります。また、貸与、給与の種類があります。立教大学で取り扱っている奨学金には、日本学生支援機構奨学金、立教大学の奨学金、民間育英団体の奨学金などがあります。

2018年度立教大学「自由の学府」奨学金、立教大学セントポール奨学金の募集要項は、2017年11月1日よりこちら​のページからダウンロードできます。

『奨学金案内』について

​​​

立教大学で取り扱っている奨学金の内容や対象者、趣旨等の概要を1冊にまとめた冊子です。この冊子では、募集規模の最も大きな「春季一括募集奨学金」の申請​方法等の詳細を掲載しています。詳細は下記のリンク先を参照してください。
※春季一括募集奨学金とは、次の3つの奨学金に一度に申請できる制度です。(申請条件等有り)
①国の奨学金(日本学生支援機構奨学金)<貸与型>
②立教大学の奨学金<給与型>
③民間育英団体の奨学金<給与型>

『奨学金案内』はこちらから

日本学生支援機構奨学金について

日本学生支援機構奨学金TOPページ(外部リンク)

国の奨学育英事業を行う日本学生支援機構の貸与奨学金です。優れた学生で経済的理由により修学に困難があるものに対し、学資の貸与を行います。 貸与のため、返還の義務があります。

第一種
(貸与・無利子)
自宅通学  月額 20,000円 30,000円 40,000円 54,000円から選択
自宅外通学 月額 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 64,000円から選択(自宅外通学の学生は54,000円も選択可)
第二種
(貸与・有利子)
月額 2万円 3万円 4万円 5万円 6万円 7万円 8万円 9万円 10万円 11万円 12万円から選択

※2017年度以前入学者は、第二種奨学金について2018年度から下線の月額も選択できるようになりました。採用後、申請により金額変更できます。
※201
8年度以降入学者は、第一種・第二種奨学金について下線の月額も選択できるようになりました。採用後、申請により金額変更できます。

【対象者】学部1~4年次生
ただし、最短修業年限を超えて在籍する者(留年者)、日本国籍を有しない者《永住者・特別永住者・定住者・日本人(永住者・特別永住者)の配偶者や子を除く》は出願できません。

定期採用について

入学後および在学中に大学を通じて申し込む制度です。本学では毎年「春季一括募集奨学金」として募集します。新入生と在学生で申し込みスケジュールが異なります。詳しくは『奨学金案内』を参照してください。

予約採用について

入学前に高校を通じて申し込む制度です。予約採用候補者として決定し、本学へ入学後に「進学届」を提出することにより、正式採用となります。本学へ入学が決定し予約採用候補者となっている方は「日本学生支援機構予約採用候補者の方へ」​のページで入学後に必要な手続きの詳細を確認してください。

緊急・応急採用について

家計を支えている方が、失職・破産・会社の倒産・病気・死亡・離婚等又は火災・風水害による被災等により家計が急変したため、緊急に奨学金の必要が生じた場合に、日本学生支援機構奨学金の貸与を受けることができる制度です。家計が急変した事由が発生したときから、1年以内である場合に申し込むことができます。希望者は奨学金窓口[池袋キャンパス学生部学生厚生課(5号館1階)、新座キャンパス学生部学生厚生課(7号館2階)]まで申し出てください。

臨時採用について

日本学生支援機構の決定により、年度の途中で臨時採用の募集を行う場合があります。時期は不定期です。

在学猶予申請について

以前、日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた者で、次のいずれかに該当する場合は、本学在籍中の返還猶予(在学猶予)を申請することができます。在学猶予の申請を行わない場合、貸与終了の翌月から数えて7ヶ月目の月(3月に貸与が終了した場合は10月)から返還の引き落としが開始されます。

【対象者】
奨学金を本学在学中に途中辞退した者
最短修業年限を越えて本学に在学する者
高校・高等専門学校・大学・大学院等で日本学生支援機構奨学金の貸与が終了し、卒業・修了または退学後に本学に入学した者

【申請方法】
以下の文書(PDF)を確認のうえ、スカラネット・パーソナルから申請を行ってください。
「日本学生支援機構奨学金 在学猶予願の提出について」【要V-Campusパスワード】
スカラネット・パーソナルの入力方法等については、日本学生支援機構ホームページを参照してください(外部リンク)

※在学猶予の申請は、申請対象年度に行う必要があります。2018年度分の申請は、2018年4月1日以降に行ってください。
※在学猶予認められている期間中に本学を退学または除籍となった場合は、スカラネット・パーソナルから「在学猶予期間短縮願」を申請する必要があります。

在学中に日本学生支援機構奨学金の貸与を受け、本年10月から返還が始まる方へ(お願い)

立教大学を本年3月に卒業・修了し、在学中に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方に、奨学金返還に関するお願いがあります。詳しくはこちら​​から確認してください。

地方公共団体の日本学生支援機構奨学金返還支援制度

地方公共団体と地元産業界が協力し、地元企業に就業した方の奨学金返還を支援するための基金を造成し、奨学金返還支援制度を設けている地方公共団体があります。詳しくは下記の日本学生支援機構ホームページで確認してください。

留学する学生を対象とした日本学生支援機構の奨学金

奨学金窓口で扱う留学する学生を対象とした日本学生支援機構の奨学金の概要は下記のとおりです。

制度名称​​​種別概要
トビタテ!留学JAPAN
日本代表プログラム
給付型大学を通じて行う留学や、私費留学、自主的な海外渡航計画まで幅広く対象とする制度。全国からの応募者の中から250名~500名程度を採用する。
海外留学支援制度
(協定派遣)
給付型本学が協定を結ぶ相手校への留学プログラムのうち、日本学生支援機構が認定したものに参加する学生を対象とする制度。学内選考あり。
海外留学支援制度
(大学院学位取得型)
給付型本学在籍中もしくは本学卒業後、学位取得を前提に海外の大学院へ進学する学生を対象とする制度。日本学生支援機構による選考あり。
第一種奨学金
*「海外留学支援制度​
​(協定派遣)」利用者専用
貸与型
(無利子)
海外留学支援制度(協定派遣)を利用する学生を対象とする制度。家計基準等を満たす者について利用可能。
第一種奨学金
*「海外留学支援制度
​(大学院学位取得型)」利用者専用)
貸与型
(無利子)
海外留学支援制度(大学院学位取得型)を利用する学生を対象とする制度。家計基準等を満たす者について利用可能。
第二種短期留学奨学金貸与型
(有利子)
学則に定める留学(大学を通じて行う留学)のうち、3月(みつき)に渡る期間の留学に参加する学生を対象とする制度。家計基準等を満たす者について利用可能。
第二種奨学金
(海外)
貸与型
(有利子)
本学卒業後、学位取得を前提に海外の大学、大学院へ進学する学生を対象とする制度。家計基準等を満たす者について利用可能。

立教大学の奨学金(給与奨学金)について

名称​金額(年額)対象
立教大学
「自由の学府」奨学金
(入学前予約型)
文系学部50万円
理学部70万円
(原則4年間支給)
(継続審査あり)
1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)以外の高等学校等出身者対象。一般入試または大学入試センター試験利用入試の利用、合格などの条件あり。詳細は募集要項(11月1日公開)参照のこと。
立教大学
セントポール奨学金
(入学前予約型)
文系学部40万円
理学部60万円
(原則4年間支給)
(継続審査あり)
1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の高等学校等出身者対象。一般入試または大学入試センター試験利用入試の利用、合格などの条件あり。詳細は募集要項(11月1日公開)参照のこと。
立教大学
GLAP奨学金
(入学前予約型)
120万円
(原則4年間支給)
(継続審査あり)
経済援助が必要なグローバル・リベラルアーツ・プログラム(GLAP)の学部学生対象。国際コース選抜入試秋季日程(GLAP)の利用、合格などの条件あり。
立教大学
学部給与奨学金
文系学部40万円
理学部60万円
経済的援助が必要な学部学生
立教大学
大柴利信記念奨学金
40万円経済的援助が必要な学部学生
(関東地方以外の出身者)
立教大学
永岡ツナ子奨学金
文系学部40万円
理学部60万円
経済的援助が必要な学部学生
立教大学
ひとり暮らし応援奨学金
10万円学部給与奨学金、大柴利信記念奨学金、または永岡ツナ子奨学金受給者のうち自宅外学生に対し上乗せ支給する
立教大学
緊急給与奨学金
30万円主たる家計支持者の失職、破産、倒産、病気または死亡等により家計が急変し、学業継続が困難になった学部学生
立教大学
グローバル奨学金
10万円~40万円本学が実施する留学プログラムに参加する学生で経済支援を必要とする学部学生
立教大学
校友会成績優秀者留学支援奨学金
10万円本学が実施する留学プログラムに参加する学生で成績が特に優秀な学部学生
高松孝治記念奨学金5万円学業成績優秀なキリスト教学科3・4年次生
鳥洞奨学金55 ​​万円
(2年間継続支給)
<末延財団による奨学金>学業成績優秀な法学部3年次生
野口定男記念奨学金5万円※体育会に所属している学部学生
※2017年度支給例
吉原奨学金5万円※体育会に所属している学部学生
※2017年度支給例
松崎半三郎記念奨学金40万円優れた海外渡航計画を持つ学部2年次生以上
経済学部
開設100周年記念奨学金
30万円
または20万円
優れた論文を提出した経済学部学生
ポール・ラッシュ博士
記念奨学金
50万円以内ボランティア活動を行う学部学生
立教大学理学部創立
30周年記念奨学金
10万円、20万円、​​30万円のいずれか優れた論文を提出した理学部学生
田中啓允奨学金40万円以内アジア諸国のボランティア組織やNPO/NGOを訪問する優れた海外渡航計画を持つ学部2・3年次生
立教大学
GLAP学業奨励奨学金​
20万円勉学意欲、人物ともに優れたGLAP2年次生以上
立教大学
学業奨励奨学金
20万円学業成績優秀な学部2年次生以上
校友会奨学金50万円将来立教人として、活躍を期待される学業成績の優秀な学部3年次生
大川又三郎記念奨学金30万円金融に関わる内容を研究している学部3年次生
*各学部の特別進学制度適用者は、学部4年次を博士課程前期課程1年次とみなして出願資格を認めます。「大学院学生対象の奨学金」を確認してください。
ロザリー・レナード・
ミッチェル奨学金
論文5万円または
​10万円
活動・研究奨励金 20万円以内
男女共同参画社会の実現への研究・活動を行っている学部学生
立教大学
しょうがいしゃ
学業奨励奨学金
20万円しょうがい、傷病等のある学生の学業を奨励することを目的として支給する奨学金。申請の後、資格を審査して支給する。
立教学院
竹田鐵三神父奨励金
5万円(支給例)身体にしょうがいのある立教学院の児童・生徒・学生の学校生活の奨励を目的に支給する。
TN国際貢献奨励奨学金40万円文学部英米文学科/文学科英米文学専修のうち当該年度にハワイ大学ヒロ校に留学する者の中で、最も優秀な者
TN賞奨学金5万円文学部英米文学科/文学科英米文学専修のうち卒業論文執筆者の中で、最も優秀な成績の者
文学部100周年海外留学奨学金10万円当該年度に認定校留学が決定し、当該年度または次年度に留学する文学部学生のうち成績優秀な者
立教大学法学部
櫛引賞
10万円学部3年次に立教大学の派遣留学制度に基づいて協定校に留学する法学部学生のうち2年次春学期までの成績が最も優秀な学生
立教大学コミュニティ福祉学部
田中孝奨学金(児童擁護)
学費・その他の納入金相当額児童養護施設出身で大学の定める基準を満たす者に支給する。
立教大学コミュニティ福祉学部
田中孝奨学金(震災)
60万円東日本大震災被災家庭のコミュニティ学部学生で、大学の定める基準を満たす者に支給する。
​企業等寄付による奨学金
立教大学
「第一生命保険株式会社数学学業奨励奨学金」
10万円<第一生命保険株式会社の寄贈により設立>
理学部数学科3年次に在籍する学業優秀な者に支給する。
立教大学
「第一生命保険株式会社学業奨励奨学金」
10万円<第一生命保険株式会社の寄贈により設立>
各学部3年次に在籍する学業・人物ともに優秀な者に支給する。
立教大学経済学部
「東京税理士会奨励金」
20万円<東京税理士会の寄贈により設立>
経済学部の正規課程(学部)に在籍し、在学中に税理士試験の複数科目に合格した者に支給する。

立教大学グローバル奨学金・立教大学「校友会成績優秀者留学支援奨学金」について

立教が実施する海外留学プログラムに参加する学生は、経済状況や成績に応じて受給できる奨学金があります。詳細は下記のリンクより確認してください。

<立教大学グローバル奨学金>

<立教大学「校友会成績優秀者留学支援奨学金」>

被災地の入学者に対する経済支援制度(入学金返還・学費減免)について

立教大学では、被災地(災害救助法適用地域※)の入学者を対象とした入学金返還および学費減免制度を設けております。※入学日前日から遡って1年以内に発生した自然災害に係る災害救助法適用地域

名称支援内容制度内容・対象等
被災地(災害救助法適用地域)の入学者に対する経済支援制度 「入学金相当額の返還」および「入学年次の学費減免(入学金を除く年間学費の2分の1の金額)」制度の詳細は「申請手続き案内」および「申請書」(下記リンクからダウンロード)を参照してください。

「被災地(災害救助法適用地域)の入学者に対する経済支援制度(2018年4月入学者・2018年9月入学者対象)」の「申請手続き案内」および「申請書」は、こちら​からダウンロードできます。

民間育英団体・地方公共団体等の奨学金について

奨学金により、出願資格や金額、給与・貸与の別が異なります。

現在募集中の民間育英団体・地方公共団体等の奨学金については「奨学金のお知らせ」から確認してください。

前年度に募集依頼のあった民間育英団体奨学金については、以下の一覧をご覧ください。

立教大学提携教育ローン制度について

「学費その他の納入金」の納入に利用するために、立教大学が提携している金融機関から融資を受ける制度です。保護者または学生本人が無担保で金融機関から融資を受けることができます。学費その他の納入金に未納額がない場合には、この制度は利用できません。 なお、利用に際しては金融機関が審査を行います。審査には、融資の申込み手続きから相当の期間が必要であり、また、審査の結果によって利用できない場合があります。詳しい内容については、融資申込を希望する下記の金融機関に直接お問い合わせください。

三菱東京UFJ銀行 西池袋支店03-3986-5111(代表)
※学生本人が借主となる場合は社会人に限る
三井住友銀行 池袋支店03-3984-5155(代表)
オリエントコーポレーション
学費サポートデスク
0120-517-325
オリエントコーポレーションのホームページ(外部リンク)
※在学生の保護者のみ対象(入学手続は対象外)
セディナ カスタマーセンター​0120-686-909
セディナホームページ(外部リンク)​
※入学手続は対象外
​楽天銀行 カードセンター

​0120-616-910
楽天銀行ホームページ(外部リンク)​
※入学手続は対象外

国の教育ローンについて

日本政策金融公庫が行う、入学時・在学のために必要な諸費用を融資する国の教育ローンです。詳細については、直接日本政策金融公庫にお問い合わせください。

国の教育ローンホームページ(外部リンク)