リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​課外活動のために以下のような各種援助金制度、表彰制度があります。積極的に応募してください。
詳細は池袋キャンパス学生部学生課または新座キャンパス学生部学生課窓口にてお尋ねください。

◎フローチャートから目的に合った援助金が探せます。

目的から援助金を探すStep1 > 団体の活動内容から援助金を探すStep2

援助金名申請可能団体
体育会学生キリスト教団体登録団体(文化系)登録団体(スポーツ系)未公認団体
立教カード奨励賞
SPF参加団体援助金
物品購入援助金×
発表会場使用料援助金××
国内大会援助金×
海外大会援助金
指導者謝礼援助金××
周年行事等援助金××
学生団体学外施設
利用料援助金
××
体育会学外施設
利用団体援助金
××××
野口定男記念・
吉原奨学金
××××
キリスト教教育
実践活動援助金
××××

立教カード奨励賞 【課外活動】​

対 象所定の期間(2019年度募集対象期間は2018年12月1日から2019年11月30日)​に、次に定める条件全てを満たした個人または団体
1.個人の部 立教大学に在籍または在籍していた学生(ただし、休学中の活動を除く)
 団体の部 立教大学の学生のみで構成された学生団体
2.優秀な成果を収めた個人または団体
内 容課外活動において、全国規模または全国レベルの大会、あるいはそれと同等以上の大会で、優秀な成果を収めた個人または団体、社会的に評価され、本学の名誉を高める実績を残した個人または団体を表彰する。また、奨励金額は、採用された個人・団体全体で50万円を限度とする。個人・団体への支給額及び支給の方法等については、採用数を鑑み奨励賞選考委員会が決定する。申請受付は年1回。​
申請期間2019年11月11日(月)~12月5日(木)
2018年度実績【個人の部】 3件
(1)渡邉 瑠(経済政策学科・4年)
第91回日本学生氷上競技選手権大会ショートトラックスピードスケート競技
500m1位,1000m1位
第42回全日本選抜ショートトラックスピード選手権大会500m2位, 1000m1位
(2)鎌田 美希(スポーツウエルネス学科・3年)
2018年ジャパンパラ水泳競技大会
100m平泳ぎ(SB7クラス)準優勝 日本新記録
100m背泳ぎ(S8クラス)優勝
(3)上野 浩暉(コミュニティ福祉学研究科(前期課程)・2年)
XⅢ Finswimming World Cup 2018 Golden Final Phuket
50m Apnea4位, 50m Surface2位 日本記録更新

【団体の部】 1件
(1)モーターボート・水上スキー部
第63回桂宮杯全日本水上スキー選手権大会 女子総合優勝, 男子総合準優勝, 男女総合優勝
第46回2018全日本学生水上スキー新人戦競技会 女子総合優勝, 男子総合3位, 男女総合優勝
各種DL 募集要項 ■​個人の部

【様式1-1、1-2】
 ​申請書表紙、活動成果詳細
■​​団体の部

【様式1-1、1-2】
​​ ​申請書表紙、活動成果詳細

​【様式2】 団体概要報告書
【様式3】 活動参加者名簿

立教カード奨励賞 【社会貢献・地域連携活動等】​

対 象所定の期間(2019年度募集対象期間は2018年12月1日から2019年11月30日)​に、次に定める条件全てを満たした個人または団体
1.個人の部
 学生自らが企画・実施し、活動実績が本学入学後3年以上のもの(ただし、休学中の活動を除く)
2.団体の部
本学公認団体及び本学学生のみで構成された未公認団体が企画・実施し、活動実績が5年以上のもの
※ゼミの有志による活動は未公認団体として扱います。
内 容立教大学の建学の精神を具現化し、ボランティア活動等の社会貢献や地域連携活動に力を注ぎ、優れた学生として模範となる個人または団体を表彰する。個人には賞状及びメダル、団体には賞状及び盾を授与する。
申請期間2019年11月11日(月)~12月5日(木)
​2018年度実績 【個人の部】 採用なし
【団体の部】 1件
(1)野球部
東京六大学野球春季リーグ戦時に行った、障がい者地域活動センター「ふらっと」及び、
ボランティアサークル「SEMBRAR」、野球部 の合同観戦ツアーの企画・運営
各種DL 募集要項■​​本人申請

【様式1-1、1-2】申請書表紙、活動成果詳細
【様式2】団体概要報告書
【様式3】活動参加者名簿

※【様式2】および【様式3】は大学へ団体登録をしていない団体のみ提出。
■​​推薦者申請

【様式1-1】申請書表紙

SPF参加団体援助金

対 象体育会・学生キリスト教団体・登録団体・未公認団体
内 容SPF参加企画で、日常活動の一環として認められ、かつ経済的にも援助金を必要とする体育会・学生キリスト教団体・登録団体の企画、または文化活動の一環として発表する未公認団体(ゼミナールを含む)の団体の企画に対して、費用の50%を支給し、援助額の上限は10万円とする(ただし、飲食出店は除く)。
2018年度実績

採択数11件(展示発表・演奏等の企画)

児童文学研究会/ミステリー喫茶
Pianoの会/SPF大演奏会
OVER ALL MUSIC/OVER ALL MUSIC SPFLIVE
スペインギタークラブ/ 2018年立教大学スペインギタークラブSPFコンサート
陶芸部/陶器市・「立陶展」
写真部/ 写真部展示
華道部/「華」
演劇研究会/2018年度秋公演
鉄道研究会/café Local
手話サークルテブクロ/Sign
落語研究会/デリバリー寄席

課外活動 物品購入援助金

対 象体育会・学生キリスト教団体・登録団体
内 容団体の活動に必要不可欠な物品で、単価10万円(税込)を超える物品を購入する際に援助する。費用の40%を支給し、援助額の上限は50万円とする。なお、費用の60%は各団体の負担となる。 ただし、申請件数及び総額によっては、原則どおりの支給にならない場合あり。
申請期間2019年5月29日(水)~6月10日(月)
2018​年度実績採択8件

新座吹奏楽サークルHarmony Of Rainbow/ B♭クラリネット
作詞作曲部OPUS/ベース用スピーカー
軽音楽部/ステージピアノ
おたまじゃくしの会/アンプ
庶民吹奏楽団/ピッコロ
放送研究会/ビデオカメラ
陸上競技部/3000m障害物練習用ハードル
逍遙会/テント
各種DL 募集要項■​​申請書

【様式1】申請書表紙
【様式2】申請理由書・資金計画書

課外活動発表会場使用料援助金

対 象体育会・学生キリスト教団体・登録団体の文化系団体
内 容団体が単独で主催した企画で、学外の施設を使用する際に援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は20万円とする。
申請期間2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
2018年度実績採択17件

書道研究会 / 交響楽団 / 応援団 / おたまじゃくしの会 / グリークラブ / スペインギタークラブ / ビッグバンドクラブ / 写真部 /
ハーモニカ・ソサイアティ / 作詞作曲部OPUS / サウンドハウスALBION / Pianoの会 / R.F.U / OVER ALL MUSIC / 軽音楽部 / マンドリンクラブ /アメリカ民謡研究会
​各種DL​ 募集要項​■​​申請書

​【様式1】申請書表紙
【様式2】決算書(見本)

国内大会援助金

​対 象体育会・学生キリスト教団体・登録団体
内 容所属キャンパスを基点として片道100km以上離れた会場で開催される全国大会および国際試合で、公共の交通機関で片道5000円以上の交通費が必要となるものを対象とする。援助額は1名あたり1万円とし、1団体あたり年間上限20万円とする。 申請は、大会終了後から同年度2月末まで随時受付。
2018年度実績採択25件

ボクシング部/第73回国民体育大会ボクシング競技会
フェンシング部/2018年度全日本学生フェンシング選手権大会
陸上競技部/第102回日本陸上競技選手権大会
陸上競技部/第34回U20/第12回U18日本陸上競技選手権大会
陸上競技部/第102回日本陸上競技選手権リレー競技大会
ハンドボール部/平成30年度全日本学生ハンドボール選手権大会
ホッケー部/第37回全日本大学ホッケー王座決定戦・東西交流戦
自動車部/平成30年度全日本学生ダートトライアル選手権大会
自動車部/鈴鹿市長杯平成30年度全日本学生ジムカーナ選手権大会
スケート部/第29回全日本ショートトラックスピードスケート距離別選手権大会
スケート部/第91回日本学生氷上競技選手権大会ショートトラックスピードスケート競技
スケート部/第29回ユニバーシアード冬季競技会STSS日本代表選考競技会
スケート部/第41回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会
準硬式野球部/清瀬杯第50回全日本大学選抜準硬式野球大会
弓道部/第66回全日本学生弓道選手権大会
剣道部/第66回全日本学生剣道優勝大会
重量挙部/第64回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会(Ⅱ部)
洋弓部/第29回全日本学生アーチェリー東日本大会
洋弓部/第47回全日本フィールドアーチェリー選手権大会
​ 洋弓部/第57回全日本学生男子アーチェリー王座決定戦
洋弓部/第57回全日本学生アーチェリー個人選手権大会
洋弓部/第31回全日本学生フィールドアーチェリー選手権大会
女子バドミントン部/第69回全日本学生バドミントン選手権大会
アイスホッケー部/第91回日本学生氷上競技選手権大会アイスホッケー競技
舞踏研究会/第56回全日本学生選抜競技ダンス選手権大会
​各種DL 募集要項■​​申請書

【様式1】申請書表紙
【様式2】全国(国際)大会登録者名簿
【様式3】振込口座届​

海外大会援助金

​対 象本学学生、本学学生団体
内 容全日本代表またはこれに準ずるものとして選抜された上、海外で開催される大会に参加する場合、個人は10万円、団体は1名につき3万円で1団体あたり年間45万円までを援助する。申請は、同年2月末まで随時受付。
2018年度実績採択8件

アメリカンフットボール部/第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会 2名
ハンドボール部/第16回男子ジュニアアジアハンドボール選手権 1名
2018年世界ジュニアオリエンテーリング選手権大会 2名
第20回フィンスイミング世界選手権大会・第5回フィンスイミング大学世界選手権大会 1名
CMASフィンスイミングワールドカップ・ゴールデンファイナル2018プーケット大会 1名
2018男子世界フロアボール選手権大会 1名 ​
​各種DL 募集要項 【様式1​】 申請書
【様式2】 振込口座届​​

指導者謝礼援助金

​​対 象学生キリスト教団体・登録団体
内 容構成員の専門的なスキルを向上させるために、独自に指導者を招く団体に対して、指導者謝礼を援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は30万円とする。
申請期間2019年5月29日(水)~6月10日(月)
2018年度実績採択4件

立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイア
茶道部
グリークラブ
合唱団アヒル会
​各種DL 募集要項■​​申請書

【様式1-1】申請書表紙
【様式2】申請理由書
【様式3】指導者略歴・指導計画書
【様式4】指導者契約について
■​​採用団体 事後手続書類

【様式5】謝礼支払い報告書
【様式6】指導者謝礼領収証

周年行事等援助金

対 象学生キリスト教団体・登録団体
内 容次に定める条件のいずれかに該当する企画で、必要となる費用の50%を支給し、援助額の上限は50万円とする。 ただし、申請件数及び総額によっては、原則どおりの支給にならない場合あり。
1.原則として5年または5回を区切りとして行う団体の周年行事
 ※当該年度が上述の区切りにあたる場合のみ申請可能
2.原則として支出額が100万円を超える高額な費用を必要とする周年行事
 ※毎年行う企画は対象外
申請期間2019年5月29日(水)~6月10日(月)
2018年度実績採択3件

庶民吹奏楽団/第30回定期演奏会
ジャーナリズム研究会/創立60周年記念パーティー
硬式庭球同好会ヘリンボーン/45周年パーティー
​各種DL 募集要項■​​申請書

【様式1】申請書表紙
【様式2】実施計画書
【様式3】予算書見本
■​​報告書

【様式4】報告書表紙
【様式5】実施報告書
【様式6】決算書見本

学生団体学外施設利用料援助金

対 象学生キリスト教団体・登録団体
内 容学外で演奏会、発表会、展示会等の企画を実施する場合や対外的な試合、コンテスト等に参加する場合に、練習等で利用する学外施設利用料を援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は10万円とする。
申請期間2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
2018年度実績採択12件

合唱団アヒル会 / チアリーディングサークルBEAMS / ビッグバンドクラブ / 作詞作曲部OPUS / おたまじゃくしの会 / グリークラブ / 軽音楽部 / マンドリンクラブ / R.F.U. / OVER ALL MUSIC / サウンドハウスALBION / Esperanza
各種DL 募集要項■​​申請書

文化系  【様式1】申請書表紙
     【様式2】学外施設利用実績 申請一覧
スポーツ系【様式1】申請書表紙
     【様式2】学外施設利用実績 申請一覧

体育会学外施設利用団体援助金

対 象体育会に所属し、学内に練習場を持たない団体
内 容学外施設を利用した際にかかる経費の50%を援助する。支給額は交通費として年間15万円、施設利用料として45万円を限度とする。
2017​年度実績採択12件

山岳部、自転車競技部、自動車部、スケート部、スキー部、ヨット部、 モーターボート・水上スキー部、ゴルフ部、航空部、ローラーホッケー部、軟式野球部 、アイスホッケー部
​各種DL​​​募集要項 ■​​申請書類​

申請書
費用明細記入表
振込口座届

野口定男記念・吉原奨学金

対 象体育会に所属する学生
​内 容体育会において活動する学生に対して支給する(給与奨学金)。
2016年度実績採用者計6名
野口定男記念奨学金 年額5万円、吉原奨学金 年額5万円
※出願を希望の方は、出願書類を学生部学生生活課に取りに来てください。(現在準備中。6月配付開始予定)

キリスト教教育実践活動援助金

対 象学生キリスト教団体
内 容学生キリスト教団体の宿泊を伴う活動で立教大学チャプレンが同行する場合、必要となった施設使用料、宿泊費および交通費を援助する。費用の全額を支給し、上限は15万円とする。
2018​年度実績採択8件

立教ローバース
立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイア
立教大学G.F.S.
立教学院諸聖徒礼拝堂日曜学校さゆり会
立教大学B.S.A.第8支部
アジア寺子屋
立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊
立教大学オーガニスト・ギルド
各種DL 募集要項 申請書

※課外活動奨励奨学金は2015年度を以て廃止されました