リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

課外活動のために以下のような各種援助金制度、表彰制度があります。積極的に応募してください。
詳細は池袋キャンパス学生部学生課または新座キャンパス学生部学生課窓口にてお尋ねください。
また、各種援助⾦制度について説明した動画も、あわせて参考にしてください。

フローチャート

フローチャートから目的に合った援助金が探せます。

Step1
目的から援助金を探す
Step2
団体の活動内容から援助金を探す

横にスクロールできます。

援助金名申請可能団体
体育会学生キリスト教団体登録団体(文化系)登録団体
(スポーツ系)
未公認団体
立教カード奨励賞
SPF参加団体援助金
課外活動
物品購入援助金
×
課外活動
発表会場使用料援助金

××
国内大会援助金×
海外大会援助金
指導者謝礼援助金××
学生団体周年行事等援助金
××
学生団体学外施設
利用料援助金
××
体育会学外施設
利用団体援助金
××××
野口定男記念・
吉原奨学金
××××
キリスト教教育
実践活動援助金
××××

立教カード奨励賞課外活動

横にスクロールできます。

対象所定の期間(2021年度募集対象期間は2020年12月1日から2021年11月30日)に、次に定める条件全てを満たした個人または団体
  1. 個人の部
    立教大学に在籍または在籍していた学生(ただし、休学中の活動を除く)
    団体の部
    立教大学の学生のみで構成された学生団体
  2. 優秀な成果を収めた個人または団体
内容課外活動において、全国規模または全国レベルの大会、あるいはそれと同等以上の大会で、優秀な成果を収めた個人または団体、社会的に評価され、本学の名誉を高める実績を残した個人または団体を表彰する。
また、奨励金額は、採用された個人・団体全体で50万円を限度とする。個人・団体への支給額及び支給の方法等については、採用数を鑑み奨励賞選考委員会が決定する。申請受付は年1回。
申請期間2021年11月15日(月)~12月9日(木)窓口開室時間まで
2020年度実績
個人の部 2件
  1. 三嶋 怜奈(社会学科・3年)・五十嵐 いづみ(国際ビジネス法学科・2年)
    • 第47回 全日本大学選手権大会 女子ダブルスカル 第2位
  2. 澁井 大生(心理学科・4年)・石政 雄也(国際ビジネス法学科・4年)
    • 第98回全日本選手権大会 男子ダブルスカル 第4位
    • 第47回全日本大学選手権大会 男子ダブルスカル 第3位
団体の部 2件
  1. 女子ラクロス部
    • 第11回ラクロス全日本大学選手権大会 優勝
    • 第46回全日本大学選手権大会 男子舵手つきフォア 準優勝
  2. ボート部
    • 第98回全日本選手権大会 女子エイト 第3位
    • 第98回全日本選手権大会 男子舵手なしフォア 第3位
    • 第47回全日本大学選手権大会 女子舵手付きフォア 第2位
    • 第47回全日本大学選手権大会 男子舵手なしフォア 優勝
募集要項 立教大学立教カード奨励賞(課外活動) 募集要項(2021年度)
各種DL
個人の部
申請書表紙、活動成果詳細(様式1-1、1-2)
団体の部
申請書表紙、活動成果詳細(様式1-1、1-2)
団体概要報告書(様式2)
活動参加者名簿(様式3)

立教カード奨励賞社会貢献・地域連携活動等

横にスクロールできます。

対象所定の期間(2021年度募集対象期間は2020年12月1日から2021年11月30日)に、次に定める条件全てを満たした個人または団体
個人の部
学生自らが企画・実施し、活動実績が本学入学後3年以上のもの(ただし、休学中の活動を除く)
団体の部
本学公認団体及び本学学生のみで構成された未公認団体が企画・実施し、活動実績が5年以上のもの

ゼミの有志による活動は未公認団体として扱います。

内容立教大学の建学の精神を具現化し、ボランティア活動等の社会貢献や地域連携活動に力を注ぎ、優れた学生として模範となる個人または団体を表彰する。個人には賞状及びメダル、団体には賞状及び盾を授与する。
申請期間2021年11月15日(月)~12月9日(木)窓口開室時間まで
2019年度実績
個人の部
採用なし
団体の部
採用なし
募集要項 立教大学立教カード奨励賞(社会貢献・地域連携)募集要項(2021年度)
各種DL
本人申請
申請書表紙、活動報告書(様式1-1、1-2)
団体概要報告書(様式2)大学へ団体登録をしていない団体のみ提出。
活動参加者名簿(様式3)大学へ団体登録をしていない団体のみ提出。
推薦者申請
申請書表紙(様式1-1)

SPF参加団体援助金

横にスクロールできます。

対象体育会・学生キリスト教団体・登録団体・未公認団体
内容SPF参加企画で、日常活動の一環として認められ、かつ経済的にも援助金を必要とする体育会・学生キリスト教団体・登録団体の企画、または文化活動の一環として発表する未公認団体(ゼミナールを含む)の団体の企画に対して、費用の50%を支給し、援助額の上限は10万円とする(ただし、飲食出店は除く)。
2020年度実績

採択1件(展示発表・演奏等の企画)

演劇研究会
2020年度 秋公演

課外活動 物品購入援助金

横にスクロールできます。

対象体育会・学生キリスト教団体・登録団体
内容団体の活動に必要不可欠な物品で、単価10万円(税込)を超える物品を購入する際に援助する。費用の40%を支給し、援助額の上限は50万円とする。なお、費用の60%は各団体の負担となる。 ただし、申請件数及び総額によっては、原則どおりの支給にならない場合あり。
申請期間2021年5月31日(月)~6月11日(金)窓口開室時間まで
2020年度実績

採択なし

募集要項 課外活動物品購入援助金 募集要項(2021年度)
申請書

課外活動 発表会場使用料援助金

横にスクロールできます。

対象体育会・学生キリスト教団体・登録団体の文化系団体
内容団体が単独で主催した企画で、学外の施設を使用する際に援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は20万円とする。
申請期間2021年12月6日(月)~2022年1月12日(火)窓口開室時間まで
2020年度実績

採択9件

  • 応援団
  • おたまじゃくしの会
  • スペインギタークラブ
  • 作詞作曲部OPUS
  • サウンドハウス ALBION
  • R.F.U.
  • 軽音楽部
  • 庶民吹奏楽団
  • JG
募集要項 課外活動発表会場使用料援助金 募集要項(2021年度)
申請書

国内大会援助金

横にスクロールできます。

対象体育会・学生キリスト教団体・登録団体
内容所属キャンパスを基点として片道100km以上離れた会場で開催される全国大会および国際試合で、公共の交通機関で片道5000円以上の交通費が必要となるものを対象とする。援助額は1名あたり1万円とし、1団体あたり年間上限20万円とする。 申請は、大会終了後から同年度2月末まで随時受付。
2020年度実績

採択30件

陸上競技部
天皇賜杯第89回日本学生陸上競技対校選手権大会
洋弓部
第55回全日本学生アーチェリー女子王座決定戦
第59回全日本学生アーチェリー個人選手権大会
スケート部
第31回全日本ショートトラックスピードスケート距離別選手権大会
スケート部
2020全国大学ショートトラックスピードスケート競技会
体操競技部
第74回全日本学生体操競技選手権大会
体操競技部
第72回全日本学生新体操選手権大会
洋弓部
第62回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会
馬術部
全日本学生馬術大会2020
テニス部
2020年全日本学生テニス選手権大会
ヨット部
2020年度全日本学生ヨット個人選手権大会
スケート部
第44回全日本選抜ショートトラックスピードスケート選手権大会
スケート部
第43回全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会
スケート部
第76回国民体育大会冬季大会スケート競技ショートトラックスピードスケート
洋弓部
第30回全日本室内アーチェリー選手権大会
テニス部
2020年度全日本学生室内テニス選手権大会
募集要項 国内大会援助金 募集要項
申請書

海外大会援助金

横にスクロールできます。

対象本学学生、本学学生団体
内容全日本代表またはこれに準ずるものとして選抜された上、海外で開催される大会に参加する場合、個人は10万円、団体は1名につき3万円で1団体あたり年間45万円までを援助する。申請は、同年2月末まで随時受付。
2019年度実績

採択18件

ボート部
2019 World Rowing Cup Ⅰ 1名
男子ラクロス部
第9回APLUアジアパシフィック選手権大会 4名
女子ラクロス部
第9回APLUアジアパシフィック選手権大会 4名
女子ラクロス部
第7回WORLD LACROSSE女子19歳以下ラクロス世界選手権大会 1名
柔道部
2019年グランドスラムアブダビ(UAE/アブダビ) 1名
準硬式野球部
JUNKO AUSTRALLY LEAGUE 2019 IN ADELAIDE 2名
Junior World Orienteering Championships 2019 2名
WORLD ROLLER GAMES BARCELONA 2019 1名
フィンスイミングワールドカップゴールデンファイナル2019 1名
第17回フィンスイミングアジア選手権 1名
募集要項 海外大会援助金 募集要項
申請書

指導者謝礼援助金

横にスクロールできます。

対象学生キリスト教団体・登録団体
内容構成員の専門的なスキルを向上させるために、独自に指導者を招く団体に対して、指導者謝礼を援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は30万円とする。
申請期間2021年5月31日(月)~6月11日(金)窓口開室時間まで
2020年度実績

採択1件

  • 立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイア
募集要項 指導者謝礼援助金 募集要項(2021年度)
申請書
採用団体
事後手続書類

学生団体 周年行事等援助金

横にスクロールできます。

対象学生キリスト教団体・登録団体
内容

次に定める条件のいずれかに該当する企画で、必要となる費用の50%を支給し、援助額の上限は50万円とする。 ただし、申請件数及び総額によっては、原則どおりの支給にならない場合あり。

  1. 原則として5年または10年ごとに行うような周年行事

    当該年度が上述の区切りにあたる場合のみ申請可能

  2. 原則として5回または10回を区切りとして行う行事
  3. 支出額が100万円を超える高額な費用を必要とする行事

    毎年行う企画は対象外

申請期間2021年5月31日(月)~6月11日(金)窓口開室時間まで
2020年度実績

採択なし

募集要項 学生団体周年行事等援助金 募集要項(2021年度)
申請書
報告書

学生団体 学外施設利用料援助金

横にスクロールできます。

対象学生キリスト教団体・登録団体
内容学外で演奏会、発表会、展示会等の企画を実施する場合や対外的な試合、コンテスト等に参加する場合に、練習等で利用する学外施設利用料を援助する。費用の50%を支給し、援助額の上限は10万円とする。
申請期間2021年12月6日(月)~2022年1月12日(火)窓口開室時間まで
2020年度実績

採択6件

  • チアリーディングクラブBEAMS
  • おたまじゃくしの会
  • 軽音楽部
  • R.F.U.
  • サウンドハウス ALBION
  • 庶民吹奏楽団
募集要項 学生団体学外施設利用料援助金 募集要項(2021年度)
申請書
文化系
申請書表紙(様式1)
学外施設利用実績 申請一覧(様式2)
スポーツ系
申請書表紙(様式1)
学外施設利用実績 申請一覧(様式2)

体育会 学外施設利用団体援助金

横にスクロールできます。

対象体育会に所属し、学内に練習場を持たない団体
内容学外施設を利用した際にかかる経費の50%を援助する。支給額は交通費として年間15万円、施設利用料として45万円を限度とする。
2020年度実績

採択11件

  • 山岳部
  • 自転車競技部
  • 自動車部
  • スケート部
  • スキー部
  • ヨット部
  • モーターボート・水上スキー部
  • ゴルフ部
  • 航空部
  • ローラーホッケー部
  • アイスホッケー部
募集要項 2021年度体育会学外施設利用団体援助金 申請について
申請書類

野口定男記念・吉原奨学金

出願を希望の方は、出願書類を学生部学生課に取りに来てください。(現在準備中。6月配付開始予定。)

対象体育会に所属する学生
内容体育会において活動する学生に対して支給する(給与奨学金)。
2020年度実績

採用者計4名

野口定男記念奨学金
年額5万円
吉原奨学金
年額5万円

キリスト教教育実践活動援助金

横にスクロールできます。

対象学生キリスト教団体
内容学生キリスト教団体の宿泊を伴う活動で立教大学チャプレンが同行する場合、必要となった施設使用料、宿泊費および交通費を援助する。費用の全額を支給し、上限は15万円とする。
2020年度実績

採択なし

募集要項 立教大学キリスト教教育実践活動援助金 募集要項(2021年度)
申請書 立教大学キリスト教教育実践活動援助金 申請書