リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ
​​ ​​​​​​​​​立教大学では、ユーザーが学内、自宅を問わずより良い環境で作業を行うことができるようにサービスの提供を行なっています。

注)Apple製品については校費、自費の差はありません。

無償でご提供できる製品

Windows OS、Office製品、セキュリティ対策ソフト、統計解析ソフト

学内のパソコン、研究室、校費で購入をしたパソコンに対して、メディアセンターでは最新のWindows、Office製品、セキュリティ対策ソフト、統計解析ソフトのインストールメディアの貸し出しを行なっています。

OS

  • Windows 10 Enterpise 新規インストール版(日本語/English 64bitのみ)

Office製品

  • Office 2019 for Windows(64/32bit)(日本語/English)
  • Office 2016 for Windows(64/32bit)(日本語/English) インストールマニュアル
  • Office 2019 for Mac(日本語/English)

セキュリティ対策ソフト

  • Microsoft System Center 2016 for Mac (macOS 10.12.xまで対応)

注1)Windows 8.1以降のOSには、Windows Defenderというセキュリティ対策ソフトが標準でインストールされています。
上記のソフトウェアと同等の機能があり、別途セキュリティ対策ソフトを用意する必要はありません。
Windows 7は、Windows Defenderと同等のセキュリティー対策ソフトが無料で利用できます。
Windows Defender有効になっているかの確認など、現在のパソコンのセキュリティー対策の状況は、​セキュリティーソフトの利用案内​​​ からご確認下さい。

統計解析ソフト

  • SPSS 25 (Windows、Mac)
    • Stastics
    • Advanced Statistics
    • Custom Tables
    • Categories
    • Forecasting
    • Regression
    • SPSS Amos(※Mac対応版は提供されておりません。)

SPSS利用ガイド

これらの無償でご提供できる製品の貸出を希望される方は、メディアセンター開室時にカウンターまでお越しください。

池袋メディアセンター : 池袋キャンパス・8号館4F (内線 2905)
新座メディアセンター : 新座キャンパス・8号館2F (内線 6686)

有償でご提供できる製品

Adobe製品

Adobe製品を利用するためは、CreativeCloudライセンス契約とソフト購入の2つの方法があります。いずれも個人版の購入は不可で、法人契約のみとなります。
メディアセンターでは必要なソフトの見積り取得までを案内いたしますが、注文および支払い処理、パソコンへのインストールは利用者様にてお願いしております。

2019年2月現在、PDF編集ソフト「Acrobat」のみ、買い切り版(約29,000円+税)の購入が可能です。その際には、購入時にインストールメディア(約3,000円+税)をつけることもできます。
IllustratorやDreamweaverなどほかのソフトはCreativeCloudライセンス契約(サブスクリプション)となり、毎年、年度単位でライセンス費用が発生します。年度の途中から契約開始の場合は月割りとなります。

CreativeCloudは下記のプランがあります。 ※2019年2月時点

  • 単体プラン: 約20,000円+税/1年 ×ソフトの本数
  • コンプリートプラン: 約40,000円+税/1年

校費でAdobe製品を契約・購入される際は、どの予算で購入するかをご検討の上、メディアセンターヘルプデスク(内線 2905)までご連絡ください。

なお、一時的に作業するだけのような場合については、メディアセンターが提供している仮想デスクトップで旧Adobe製品をご利用いただけます。