リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

立教大学では、ユーザーが学内、自宅を問わずより良い環境で教育研究活動を行えるようサービスの提供を行なっています。

授業で利用するSPSSについて

例外的に、オンライン授業で利用する学生の個人PCにもインストールが可能です。
 「アプリケーションの借用申請」から申請してください。
ただし、利用期間と利用者には制限があります。
春学期、秋学期ごとに利用者を明確にするため、利用者のV-CampusIDの提示、提出をお願いしています。

前学期 授業利用や論文作成用でSPSSを利用された方を対象に、次学期も引き続きSPSSを利用される方は「アプリケーションの借用申請」フォームより利用の申請を行ってください。
申請される方は、インストールされているSPSSのアンインストールは不要です。

貸出は専任教職員のみ受付ています。非常勤の方は専任教職員へ借用の依頼を行ってください。

詳しくはメディアセンターヘルプデスクまでお問い合わせください。

無償でご提供できる製品

メディアセンターでは、学内のPC、研究室、校費で購入したPCに対して、最新のWindows10、Office製品、セキュリティ対策ソフト、統計解析ソフトの貸し出しを行なっています。

旧製品の貸出

以下アプリケーションの貸出も継続して行っております。

  • SPSS 27
  • Office 2019
  • Windows 10

(旧)アプリケーションの借用申請から申請を行ってください。

Windows11

教職員を対象に本学在籍中に限り私費で購入したPCでも利用することができます。

  • Windows 11 Enterpise 新規インストール版(日本語/English 64bit)

アプリケーションの借用申請から申請してください。

  • 不特定多数の利用者が利用する場合
  • MacのParallels、自作のPCで新規にインストールする場合
  • OSのエディションがHOMEであり、ドメイン参加が必要な場合
  • Enterpriseエディションが必要な場合

Office 2021

  • Office 2021 for Windows(日本語/English 64bit)

アプリケーションの借用申請 から申請してください。

  • 不特定多数の利用者が利用する場合

セキュリティ対策ソフト

本学在籍中に限り私費で購入したPCでも利用することができます。

  • ESET Endpoint アンチウイルス for OS X

アプリケーションの借用申請 から申請してください。

  • 主に個人で利用する研究用PC、研究費購入PCで利用する、またはPCの管理者が自身である場合、私費で購入したPCの場合
  • 実験室、院生室、研究所、各事務所などの場合

統計解析ソフト

教職員を対象に本学在籍中に限り研究用PC、職務用PCで利用することができます。

アプリケーションの借用申請 から申請してください。

  • ArcGIS 10.8 (Windows)
  • SPSS 28 (Windows、Mac)
    • Stastics
    • Advanced Statistics
    • Custom Tables
    • Categories
    • Forecasting
    • Regression
    • SPSS Amos(※Mac対応版は提供されておりません。)

有償でご提供できる製品

Adobe製品

Adobe製品を利用するためは、CreativeCloudライセンス契約とソフト購入の2つの方法があります。いずれも個人版の購入は不可で、法人契約のみとなります。
メディアセンターでは必要なソフトの見積り取得までを案内いたしますが、注文および支払い処理、パソコンへのインストールは利用者様にてお願いしております。

2019年2月現在、PDF編集ソフト「Acrobat」のみ、買い切り版(約29,000円+税)の購入が可能です。その際には、購入時にインストールメディア(約3,000円+税)をつけることもできます。
IllustratorやDreamweaverなどほかのソフトはCreativeCloudライセンス契約(サブスクリプション)となり、毎年、年度単位でライセンス費用が発生します。年度の途中から契約開始の場合は月割りとなります。

CreativeCloudは下記のプランがあります。 ※2019年2月時点

  • 単体プラン: 約20,000円+税/1年 ×ソフトの本数
  • コンプリートプラン: 約40,000円+税/1年

校費でAdobe製品を契約・購入される際は、どの予算で購入するかをご検討の上、メディアセンターヘルプデスク(内線 2905)までご連絡ください。

なお、一時的に作業するだけのような場合については、メディアセンターが提供している仮想デスクトップで旧Adobe製品をご利用いただけます。

製品を安心してご利用いただくために、以下のページもご参照ください。

私費で購入したPCの場合

私費で購入したPCの場合