リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

山形県高畠町

山形県の南東部に位置する高畠町は、扇状地に拓けた農業が盛んな町で、「まほろばの里」と呼ばれます。

「まほろば」とは、古事記などにみられる「まほら」という古語に由来し、「周囲が山々に囲まれた平地で、実り豊かな住みよいところ」という意味があります。

日本の原風景と言える豊かな自然を有し、独自の農民文化を醸成してきた高畠町が、農業体験のフィールドとなっています。

上和田有機米生産組合

有機農業で知られる高畠町の和田地区に1986年に誕生しました。

大量の農薬や化学肥料などを使用した「作物を育てる力を奪う」農業から脱却し、試行錯誤を経て、土が本来持っている力を引き出す農業へと転換しました。現在も「食」の本質と地域環境保全、「産消提携」による主体的な流通を探求し、消費者とともに土づくり・ふるさとづくりに取り組んでいます。

スケジュール・具体的な活動内容(参考:2019 年度)

学内での事前学習、現地での農作業体験や組合の方々との交流、事後研修を通して、一連のプログラムが構成されています。

実施年度により、プログラム内容は変更となる場合があります。

1.事前学習

農業体験の出発前に、2回の事前学習を行います。

2.現地プログラム

9月上旬頃 1日目
10:00頃東京駅発
12:40頃高畠駅着、グループごとに援農へ
14:00農作業
18:00宿舎着(民俗資料館)
18:30夕食
20:00上和田有機米組合長 講演
21:30ふりかえり
就寝
9月上旬頃 2日目
6:30起床(食事当番は6:00より朝食準備)
8:00朝食後、グループごとに援農へ
9:00農作業
12:00昼食・休憩
13:30農作業
15:00作業終了
16:30宿舎着(民俗資料館)
20:00夕食後、上和田有機米組合青年部の方々との交流会
21:30ふりかえり
就寝
9月上旬頃 3日目
6:30起床(食事当番は6:00より朝食準備)
8:00朝食後グループごとに援農へ
9:00農作業
12:00昼食・休憩
13:30農作業
17:00作業終了

各家庭での1泊2日のホームステイ

9月上旬頃 4日目
6:30起床
8:30農作業
12:00昼食・休憩
15:30宿舎着(民俗資料館)
20:00夕食後、高畠在住の立教OB・OGの方々との懇談会
21:30ふりかえり、発表会準備
就寝
9月上旬頃 5日目
6:30起床(食事当番は6:00より朝食準備)
8:00朝食後グループごとに援農へ
9:00農作業
12:00作業終了
12:30宿舎着(民俗資料館)、昼食
14:00交流会・発表会準備
17:00グループ発表会
18:00上和田有機米組合 組合員の方々との感謝夕食会
22:30ふりかえり
就寝
9月上旬頃 6日目
6:30起床
8:30朝食後片付け
9:00最終ふりかえり・フィードバック
10:45そば打ち体験
12:00昼食
12:30ゆうきの里さんさんにて解散

ぶどう畑

ぶどうの収穫

援農作業中

援農先の組合員と町内観光

飼米用稲の収穫

収穫中の1コマ

卒業生との懇談会

組合長の講演

食事当番

自作した朝食

参加学生の作成物

全体写真(最終日)

3.ふりかえりレポート作成(体験の言語化)

プログラム終了後、高畠での体験を通じて考えたことをレポートにまとめて、提出しています。

4.事後研修会

農業体験のふりかえりなどを行います。

5.その他

  • ホームカミングデーなど

立教大学校友(卒業生)向けのイベントで、高畠の有機米の販売を行います。また、学食では高畠の有機米のPR活動が行われます。

お米の販売

ホームカミングデー

上和田有機米 PR キャンペーン

池袋第一食堂