複数言語の学習で多元的な視点を養い、異文化理解を深める

Placeholder image

「国際化」の時代と言われますが、わたしたちの暮らす社会そのものがすでに国際化し、多文化多言語化しています。みなさんも日常生活を通じて、日本語以外の言語に接する機会が多くあると思います。海外に行かないから外国語が必要ないという時代ではありませんし、英語ができればとよいという時代でもありません。

立教大学では英語に加え、もう1言語を学ぶことで、多文化共生を視野に入れた「異文化理解」を深めるとともに、異なる文化に属するさまざまな人々とコミュニケーションを図る「言語運用能力」の修得を目指しています。卒業までにより高い運用能力を身に付けられるよう、4年間を通じて学べる多彩なプログラムが用意されています。

基礎から継続的・段階的に学べる4年間のカリキュラム

履修免除・単位認定制度

必修科目として選択した言語B(ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語・ロシア語)について、 入学時点で既に一定の学習歴がある者は、必修科目の履修を免除し、単位を認定(評価はS)する場合があります。

詳しくはこちらを確認してください。

※言語A(英語)に履修免除・単位認定制度はありません。

※言語Bのうち、日本語に履修免除・単位認定制度はありません。

※~語は、ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語とそれぞれ読み替えてください。
※原則として、必修科目修了後に基礎科目を履修できます。また、基礎科目4単位修得後にコア科目を履修できます。
※関連科目は、全学共通科目「多彩な学び」科目です。
※ロシア語・日本語は、一部科目名が異なります。

各言語の授業の特色を知ろう!

立教大学では必修科目として言語A(英語)と、言語B(ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語・ロシア語<文学部・GLAPのみ>・日本語<留学生・GLAPのみ>の中から1つ選択)を必ず履修しなければなりません。
以下の各言語ページでは、授業の内容や学生からのメッセージを紹介していますので、言語選択の参考にしてみましょう。