リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

調査・研究サポート

​​​​​​​​​​​​

社会情報教育研究センターでは、大学院学生や教職員に対して、調査・研究のためのコンサルティングを行っています。社会調査や統計を研究に生かしたい、深めたいというニーズにお応えします。
 また、学内組織における大規模な調査・データ分析などのご相談も承ります(調査分析の依頼は、コンサルティングの対象外となりますので、社会情報教育研究センターの事務局までお問い合わせください)。

[必読]コンサルティング予約方法および注意点

1)コンサルティングをご希望の方は、以下のいずれかの方法で予約してください。

   ①コンサルティング予約フォームへ入力

   ②コンサルティング対応時間帯に訪問(原則として事前予約をお願いします)

  ★応談日は、予約状況と担当教員の専門性を考慮し確定します。1ユニットにつき、1組までとなります。

  ★予約の連絡を受け次第、コンサルティング担当者との調整に入ります。
    応談日が決まるまで少々お時間いただきますので、ご了承ください。
   (事前予約の無い場合、当日は相談内容の聞き取りまでを行い、すぐには解決に至らない場合もありますので、
   ご承知おきください。)​

原則として、コンサルティング希望日の3日前(事務局閉室日を除く)までにお申し込みください。

相談時間は1ユニットあたり30分~45分です。事前に相談内容をまとめ、要件を整理しておいてください。
       また、事前に分析対象のデータをお送りいただくと、相談がよりスムーズに進みます。​

CSIが提供するコンサルティング対象と合致しない相談内容(調査・統計技法以外の内容)はお引き受けできませんので
   ご了承ください。

統計ソフト(SPSSなど)に関する基本的な操作方法につきましてはCSI統計分析セミナーまたは
    PCヘルプカウンター(図書館2階)にて対応しております。そちらをご利用ください。

テレプレゼンス(池袋キャンパス⇔新座キャンパス)によるコンサルティングも可能です。
       準備の都合上、希望日の1週間前までにご連絡ください。

学内組織からの調査・分析に関する相談も受け付けております(ただし、調査分析の依頼は、コンサルティングの対象外となります
    ので、社会情報教育研究センターの事務局までお問い合わせください)​

継続でご相談をご希望される場合は、月1回程度を目安にご連絡下さい。

大学院学生の方は、予約フォーム入力時に指導教員の氏名および指導教員のメールアドレスの入力が必要です。
    予約受付後に、申込​者と指導教員あてに連絡いたしますので、あらかじめ指導教員にご連絡ください。​

コンサルティング対応日・時間帯

授業期間(秋学期)【火】2限(10:45~12:25)、【水】3限(13:25~15:05)、【金】3限(13:25~15:05

※授業期間外は実施しておりません。

コンサルティング対応教員・対応可能内容一覧表

◆火曜日 2限(10:45~12:25)

担当教員:五十嵐彰 助教

専門分野:国際社会学、計量社会学

分析手法:回帰分析(線形/非線形)、マルチレベルモデル、因子分析、共分散構造分析

統計パッケージ:SPSS、STATA、Mplus

調査手法:量的調査法

◆木曜日 3限(13:25~15:05)​

担当教員:濱本真一 助教

専門分野:教育社会学,数理社会学

分析手法:回帰分析(線形/非線形),マルチレベルモデル,対数線形モデル

統計パッケージ:Stata,R,SPSS、LEM

調査手法:量的調査法(調査票設計,ウェブ調査,標本抽出)


◆金曜日 3限(13:25~15:05)​  

担当教員:山口誠一 助教

専門分野:統計教育

分析手法:クロス表分析、相関分析、回帰分析

統計パッケージ:R、SPSS

調査手法:量的調査法


調査・研究コンサルティング連絡先

コンサルティングの相談・予約はこちらから

E-mail:csi-info@rikkyo.ac.jp​

電話番号:03-3985-4459(月~金 9時~17時)

※具体的に相談内容がわかるような資料をご準備の上、お問い合わせください。