リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップabout

​​​

統計検定​

「統計検定」とは、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。 データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。

立教大学では、学生が学内で受験できるよう、団体受験制度を2011年から導入しています。また、CSIでは統計検定受験に向けて、ガイダンスおよびセミナーの実施、その他受験に必要な情報を発信し、合格のためのサポートを行っています。

統計検定の基本情報について、詳しくは統計検定Webページをご参照ください。

出題範囲および過去問

受験の際には、統計検定Webページより、出題範囲などの最新情報を必ずご確認ください。各級のページには、前回実施された問題および解答が公開されています。

試験の種別試験内容
統計検定 1級実社会の様々な分野でのデータ解析を遂行する統計専門力
統計検定 準1級統計学の活用力ーデータサイエンスの基礎
統計検定 2級大学基礎統計学の知識と問題解決力
統計検定 3級データの分析において重要な概念を身に付け、身近な問題に活かす力
統計検定 4級データや表・グラフ、確率に関する基本的な知識と具体的な文脈の中での活用力
統計調査士統計に関する基本的知識と利活用
専門統計調査士調査全般に関わる高度な専門的知識と利活用手法

CSIではこれまで実施された過去の問題冊子を配布しています。窓口までお気軽にお問合せください。

統計検定に対応した授業(オンデマンド開講)

全学共通カリキュラム(全学共通科目)には、統計検定の内容に準拠する科目があります。オンデマンド科目なので、場所を問わず受講することができます。また、大学院学生も履修が可能です。資格取得にも活用しましょう。

  • 統計検定3級準拠:「データ分析入門」、「Introduction to Statistics 1」(春学期 オンデマンド開講)​
  • 統計検定2級準拠:「データの科学」、「Introduction to Statistics 2」(秋学期 オンデマンド開講)

*受講登録などの詳細はこちら​で確認できます。

受験対策のための参考テキスト

合格のためには、過去問題に取り組むことが効果的です。過去問に取り組むため、ま​た統計学の基礎的な知識を勉強するため、参考となる教科書は以下です。ここで取り上げたもの以外でも、統計に関する教科書はたくさんあります。テキストがわかりにくい場合には、他のテキストも参考にしながら勉強すると理解がすすみます。

日本統計学会公式認定テキスト、および公式問題集(過去3年間の試験で実際に出題されたすべての問題)については統計検定Webページのこちらを参照してください。

3級受験対策

2級受験対策

2級・3級同時受験向け