リボン コマンドをスキップする
メイン コンテンツにスキップ

ナビゲーション リンクのスキップmeasure

統計調査士とは

「統計調査士」の資格は、統計の役割、統計法規、公的統計が作成される仕組み等に加えて、主要な公的統計データの利活用方法に関する正確な理解を証するものです。統計調査士資格は、公的統計に係る知識と能力が客観的に評価されるため、就職活動において、公務員だけでなく、民間調査機関でも有利になる効果が期待されます。

試験内容

統計検定3級合格程度の基礎知識の上に、社会人に求められる公的統計の理解とその活用力の修得を評価します。

  • 統計の基礎
    • 統計の役割
    • 統計法規
  • 統計調査の実務
    • 統計と統計調査の基本的知識
    • 統計調査員の 役割・業務
  • 公的統計の見方と利用
    • 主要な統計
    • 統計データの見方

※統計検定Webページでは、前回の問題および解答が公開されています。

またCSIでは、過去問冊子の配布を行っています。

統計調査士対策コンテンツ(テキストおよび問題集)

『10月15日発行・最新版テキスト『日本の公的統計・統計調査』を、現在CSI事務室で配布しています!

このテキストは、CSIで独自に作成した、全国初の統計調査士受験対策テキストです。
学内者には無料で配布していますので、お気軽にCSI事務室までお越しください。また、過去問対策としての『統計調査士試験 得点源対策問題集』も、学内者限定で配布しています。

※『日本の公的統計・統計調査』テキストのダウンロードはこちら(V-CampusのIDとPWが必要です)       ★一般の方々も『日本の公的統計・統計調査』テキストをお求めいただくことができます。Amazonにて10月15日から販売しております。⇒ご購入はこちらから。

CSIで作成している、統計学習用コンテンツ「すたなび」でも、統計調査士試験に準拠した内容の学習ができます。

■「すたなび」はこちらから(IDおよびPWはCSIまでお問い合わせください)。

統計調査士対策セミナー

このセミナーでは、CSIのオリジナルテキスト『日本の公的統計・統計調査』を使用し、試験の概要から丁寧に解説します。さらに、過去問を用いた「統計調査士試験 得点源対策問題集」(学内者限定)を使用することで、出題の傾向をつかみます。セミナーに参加して、点数アップを目指しましょう!

統計調査士対策セミナー オンデマンド配信 

統計調査士対策セミナーの動画をオンデマンドで配信いたします。
 セミナーの内容は『日本の公的統計・統計調査』に準拠しており、検定試験において得点源となりうる①「統計制度」と②「図表の読み取り」にポイントを絞って解説します。

 ①の「統計制度」については、一般の方(学外の方)も、有料で受講していただけます。

①「統計制度で点数アップ」
※一般の方にもご受講いただけます(要申込み・有料・申込詳細は下記)

●視聴用URL: https://mediasite.rikkyo.ac.jp/Mediasite/Play/befc0e6595e64448aa0fa4d1f71354d41d
        (学内者:V-CampusのIDとPWが必要です)
        (学外の方:郵送しましたIDとPWでご視聴ください

 配信日:10月15日(火)~試験前日

②「図表を読んで点数アップ」

●視聴用URL: https://mediasite.rikkyo.ac.jp/Mediasite/Play/d01eb97902d94c45afbfc2021f606d451d
        (学内者限定:V-CampusのIDとPWが必要です)

  • 授業のパワーポイント資料ダウンロードはこちら
  • エクセル資料ダウンロードはこちら

 配信日:10月15日(火)~試験前日

★一般の方(学外の方)も、①のセミナーに限り受講していただけます★

受講料として5,000申し受けます(テキスト代を含みますので、セミナー受講を希望される方はAmazonでのテキスト購入は不要です)。


  • ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。(申込締切は11月15日(金)まで)

    一般の方(学外者)向け セミナー受講申し込みフォーム ➡申込はこちら
     

動画コンテンツ

これまでに開催した、統計調査士対策セミナーの録画コンテンツおよび資料を、Blackboardで公開しています。

※動画コンテンツは、資料を含め、学内者のみに公開されています。Blackboardにログインし、「セルフラーニング」より「統計調査士対策セミナー」へのコース登録を行い、ご視聴ください。

  • 統計調査士対策セミナー(Blackboard)へのコース登録はこちらから